人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

最新のトラックバック
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『風に聞いた話〜竜宮の記憶』
沖縄に暮らす友人が、このたび本を上梓しました。『風に聞いた話〜竜宮の記憶』(編・文/三枝克之氏、写真/垂見健吾氏)という美しい本。
風をめぐるさまざまなエピソードを中心に、沖縄の季節を歳時記のように描き出し、それらを垂見氏の美しい沖縄の写真が彩ってゆく。あるいは、風土記のように沖縄の神話が風によって語られてゆく。
沖縄の神話。
これがとても興味深いのである。例えば、卵生神話がある。スサノオのような蘇民将来潭がある。三輪山神話、変若水神話、日光感応神話などなど。ヤマトや朝鮮半島などに広く分布する神話のパターンが、沖縄でも頻出するのである。

『風に聞いた話〜竜宮の記憶』_a0006822_0184198.jpg


あとがきに、友人は書いている。

「神話というのは、決して神さまの物語ではない。ましてや特定の宗教や民族、家系の権威を裏付けるための歴史的事実ではない。神話は僕ら人間の物語だ。この母なる地球に現れた、人類という生物の種族の記憶だ。
 世界中には地域や民族ごとに様々な神話がある。神話学者のジョーゼフ・キャンベルによれば、その設定や細部は異なっていても、テーマや伝えようとするメッセージは驚くほど共通するらしい。それは神話というものが元来、宗教や民族という価値観が生まれる以前の、ヒトの生物的感性に根ざしているからだという。いわば神話は人類共通の無意識が生んだ夢であり、人間の内なる自然の声だ。また僕らの祖先が野性の五感プラス、第六感の直感力や想像力、創造力を駆使して描いた、この星で生きていくための知恵や指針を伝える詩なのだ。」

ここ数年、沖縄へ行けなかったが、この本を読み、眺め、凝視しながら、いよいよ沖縄が恋しくなってきた。我らの南方、あの美しいクニへ、魂が飛ぶようだ。

本の詳細は、
http://www.cafe-unizon.jp/
をご覧ください。
by rhyme_naaga | 2008-04-14 00:19 | etc
<< ライブ情報を更新しました コンピレーション盤『Tranc... >>