Top

最新のトラックバック
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ふたつの心臓を持つ大きな川
『ふたつの心臓を持つ大きな川』というのは、E・ヘミングウェイの処女短編集『我らの時代に』に収録されている小説である。かつて小説家になろうとした若い頃、確か24歳の頃、言葉のひとつひとつに至るまで、くまなく読んだ小説。この小説に通底する抑制された悲しみは、一体どの言葉から生まれてくるのだろうか。それを知りたかった。

川のことを考えていて、ふとこの小説のことを思い出したのだった。まあ、いい。書きたいことはまったく別のことだった。

あれは僕が30歳頃のことだったか。生まれ故郷の上流の川で一人、泳いでいると、すぐ近くで鮎釣りをしていたおじさんが声をかけてきた。
「なあ、にいちゃん、すまんけど、もうちょっとこっちに来て泳いでくれんかな。鮎がな、そのへんにようけおるんや。にいちゃん、ちょっと潜って、そこらへんの鮎をこっちに寄せてくれや。そしたら、釣れそうやでな」
僕はおじさんの言うことを聞いてあげた。おじさんの指差すあたりの淵まで泳ぎ、適当にあたりをつけて、何度も潜った。
「こんなんでええかな」僕が川から顔を覗かせて言うと、
「おう、ええよ。ありがとな」
それから僕は岸に上がり、大きな石の上に腰かけた。おじさんが、ニヤリと笑いかけてくる。
「にいちゃん、どこの衆や?」
僕は母の生まれ育った家の場所を告げる。ふうん、とおじさんは頷き、それから言う。
「にいちゃん、どれくらい潜れる?」
「あそこらへんから」と僕は上流を指差し、そして今度は下流を指差す。ざっと70〜80メートルくらいだろうか。「あそこらへんまで」
「ふうん」おじさんが、にったりと笑う。「まだまだやな。わしが若い頃は、あそこから」と言いながら、かなり上流の瀬を指差し、ずっと遥か下流まで指をまわす。「あそこまで潜ったぞ」
「ふうん、そりゃ凄いね」
「はっはっは」おじさんは笑う。得意げに煙草に火をつけ、どや、と言わんばかりにガアッと煙を吐く。「昔な、わしには許嫁がおってな」
「許嫁?」
「そう、いいなずけ。ま、かつての嫁やけどな」おじさんは言った。「この岸に立ってな、わしが潜るのをずっと見とったんや。わしは、ほれ、かっこええとこ見せなあかんやろ? ほうやで、まあ、ガアッと潜ったったんや。んでな、ただ潜るだけやと芸があらへんやろ? そうやで、潜りながら、こう鮎を手掴かみにしてな、採ったんや。鮎を手掴かみにするやろ? でも手は2本しかあらへんで、2匹捕まえたら終わりやろ? そうやでわしはな、採った鮎を海水パンツの中に入れてな、そうしながら潜ったんや」
「海水パンツの中に、鮎ですか?」
「そうや。もう何匹も鮎、入れたぞ」
「何匹ですか?」
「ようけや」
「凄いね」
「はっはっは」おじさんはまた笑った。「もうな、わしの海水パンツの中は鮎だらけや。水から上がったら、パンツの中、ようけピチピチ言いよる。パンツの下から鮎が頭出してピチピチやったりな。はっはっは。もう、そら大漁やな。はっはっは」
「で、許嫁は?」
「は? 何がや?」
「許嫁はどうしたんですか?」
「そりゃ感心したがなァ」
「感心した?」
「そう、わしに惚れなおした」
「海パンに鮎ピチピチで?」
「そうや、ええとこ見したったでな」
「ふうん」僕は考えた。ま、男女のことは当人同士にかわからない。何をかっこいいと思うかは当の女性次第だし、海パンに鮎ピチピチがかっこいいと思う女性も、まあきっといるに違いない。いや、かっこいいに違いない。男は鮎を手掴かみにして、なんぼ。大漁で、ピチピチで、横チンならぬ横鮎で、クール。
「ふうん」僕はもう一度頷いた。「かっこええとこ見したんですね」
「そや」おじさんは言う。「ま、許嫁っちゅうか、嫁には逃げられたけどな」
「逃げられた?」
「そう、逃げた」
「なんで?」
「愛想尽かされて」
「あかんかったんですか?」
「そう、あかんかった」
「鮎は掴まえて、嫁には逃げられた」
「はっはっは。にいちゃん、うまいこと言うな。はっはっは」
「なんで逃げられたんですか?」
「パチンコや、パチンコ。はっはっは。にいちゃんも、パチンコはたいがいにせなあかんぞ。はっはっは」
「で、今は独身なんですか?」
「そや、独身や。釣り三昧、パチンコ三昧や。にいちゃんも独身がええぞ、はっはっは!」
このおっさん、絶対ほら吹きやな、と思ったのであった。
[PR]
by rhyme_naaga | 2005-07-11 03:42 | etc
<< ふたたび水のこと わが偏愛の由来〜part2 >>