人気ブログランキング |
Top

最新のトラックバック
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大地の永遠の生命
今年で4年めとなったお米作り。
先月、無事に田植えも終わり、また新たなシーズンが始まった。春の田起こしから秋の脱穀まで、多くのことを教わり、学び、覚えながらこれまでやってきて、少しずつではあるが、感覚を掴むことができるようになった。
東京から八ヶ岳に移住して今年で12年になるが、お米を作ってみたいと思うようになったのは、5年前のことである。
それから休耕田を持っている地元の方に相談し、一緒に作ってくれる仲間を探し、右も左もまったく見当もつかない状況からスタートした。しかし、地元の方はとても親切にすべての仕事を教えてくれたし、仲間たちも素晴らしい知恵と惜しまない努力で一緒に頑張り、楽しんでくれた。
昨年の八ヶ岳はどこも豊作だったようで、僕たちの田んぼでもおよそ500キロの収穫があった。
仲間3家族(大人6人)が一年食べられるだけのお米と、田んぼを貸してくださっている大家さんへのお礼の分。そのすべてを、僕たちはおよそ300坪の大地から与えられていることになる。
僕たちの労働は、大地を起こし、水を呼び、植物を育てること。そして、収穫し、ふたたび大地を起こすこと。
すると大地は、僕たちに分け与えるのだ。
大地は、言葉通りの意味で、あらゆる生命の泉であり、母体である。僕たちは、もっと深く、繊細に、このことに驚いてもいいはずだ。
a0006822_14121822.jpg

しかし、この大地のエネルギーは一体どこから来るのだろう。
多くの神話を作った古代(新石器時代)の人々は、このエネルギーのことをやはり神話に託して表現している。
それは、ハイヌウェレ型神話と呼ばれる一定の型を持つ神話で、殺された神の体をばらばらにして大地に埋めると、そこからあらゆる豊穣が芽吹く、というものである。
この神話は環太平洋地域を中心に広く分布していて、もちろん日本にもオオゲツヒメの神話として存在している。
八ヶ岳は縄文時代の文化の中心地だったが、ここで出土する土偶の多くは意図的に破壊され、バラまかれていることを考えると、すでに縄文中期(およそ5千年〜4千年前)にはハイヌウェレ型神話が存在していたことになる。
この神話に底流する思考は、神の生命の不滅ということにある。
神の生命は、その個体としては死ぬが、個体を貫いて流れているエネルギーは永遠であり、そのエネルギーが神から大地へと受け継がれたのである。
このエネルギーは永遠の生命であり、決して損なわれることはないのだ。
そして古代の人々は、この永遠の生命を神の物語としたのである。
ハイヌウェレ型神話は、環太平洋域を中心に分布していると書いたが、じつは古代ギリシアでもディオニュソス神の神話をとおして垣間みることができる。不滅の神、ディオニュソスの造形をとおして。
つまり大地の永遠のエネルギーは、すべての世界で、神話として語られているのである。

僕たちは、その大地の上で、ひとつの生命として生きている。
大地は、与える。大地は、奪う。しかし、さらに与える。惜しみなく。
そして僕たちは、さらに大地を起こし、さらに水を呼ぶ。
大地への労働は、魂の労働であり、それが1万年の僕たちの営みである。
大地に鋤を打ち、土をめくり、種をまくのだ。
やがて夏のあたたかな雨が、大地に降り注ぐまで。
a0006822_14123393.jpg

by rhyme_naaga | 2012-06-06 14:12 | Essay
<< Sasura2 8月のライブ情報 >>