Top

最新のトラックバック
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
焚き火ライブ&神話をめぐるトーク in 八ヶ岳
数年ぶりに、八ヶ岳で焚き火ライブを行なうことになりました。
今回は、7月と9月の2回を予定しています。
第1回は、7月27日(金)〜28日(土)。
八ヶ岳での久しぶりの焚き火ライブなので、八ヶ岳の縄文の神々についてのお話しをライブの後にしたいと考えています。
a0006822_22524819.jpg

僕自身のことでいえば、神話の世界に興味を覚えたのは今から20年ほど以前のことでした。
それ以降、色々な場所や聖地へ旅をしたり、神話に関する書籍を読み続けてきましたが、じつは(奇妙に聞こえるかも知れませんが)、他の人たちがこうしたことに興味を抱くとは考えてもみないことでした。
ですから、僕自身から率先して神話について語る、という機会はこれまでほとんどありませんでした。

しかし、すべてが変わったように感じたのは、やはり3・11以降です。
僕は、以前このブログに書いたように、自身の無意識にある神話的思考・感受性を、あの危機低状況のなかで強く感じました。
おそらくあの時が、ターニングポイントだったのだと思います。僕はあれ以降、神話について人前に語るようになりました。すると、驚いたことに、聞いてくださった人たちはとても面白がってくださいました。
まるで乾いたスポンジが、水をたっぷりと吸い込むように、神話が彼らの中へ浸透していくのがとてもよくわかりました。そんな様子を見ながら、僕はひとつのことに思い至りました。
それは、「神話が無意識のなかで眠っていたのは、僕ひとりだけではなかった」というシンプルな事実です。

おそらく、とてもたくさんの人々の無意識の中には、いまだに神話が存在していて、それがいま、僕と同じように目覚めようとしているのだ、と思いました。
眠っているドラゴンが、顔をもたげるように。
だから、僕は語ろうと思ったのです。これまでたくさんの旅をしながら僕自身の内側にリザーブしてきた多くの神話と、それらをめぐる無意識の冒険を。僕たちの内なる太古と、大地を。

詳細を以下に記しましたので、ちょっと長いですが、どうかお読みください。
皆さまと八ヶ岳でお会いできることを願っています。


*******

われらの大地、われらの神話
  〜焚き火ライブ&神話をめぐるトーク in 八ヶ岳 全2回

神話は呼びかける
一万年の遠くから
わたしたちの無意識の水底に眠る
ひとりのドラゴンに
神話は大地への回帰
神話は失われた絆への道
呼び覚そうではないか
あなたたちに眠る太古の神々と
その美しいドラゴンを
神話の力によって

*******

日程/テーマ:
○第1回 7月27日(金)〜28日(土)『大地の神話と縄文の神々〜八ヶ岳を中心に』
○第2回 9月8日(土)〜9日(日)『大地への回帰』

出演:長屋和哉

ライブ:19:00〜20:30
神話をめぐるトーク:20:30〜22:00
音のワークショップ:2日目10:00〜11:30(希望者のみ)
※雨天の場合は、コンサートホール内での開催となります。

参加費:
○13,500円(宿泊、2食、焚き火ライブ&トーク参加費込み)
○4,500円(焚き火ライブ&トーク参加費のみ)
○2,000円(2日目ワークショップ参加費。希望者のみ)

定員:21名(宿泊付き)。なお、焚き火ライブ&トークのみの参加は+20名。

予約/問合せ:
info@ame-ambient.com(担当:夏目恵まで)
http://www.facebook.com/kazuya.nagaya(長屋和哉)
0551-47-6710(アメアンビエント)
主催:アメアンビエント
※宿泊付きの定員は21名様と限りがありますので、なるべくお早めにお問合せくださいませ。
※お子様連れの方は、別途ご相談ください。

音のワークショップについて:
○テーマ「耳をひらく、心をひらく」
参加者全員で、音楽を奏でます。
長屋和哉がライブやレコーディングで使っているおりんやシンギングボウルなどを皆さんに使っていただき、車座になって演奏します。
演奏はとても簡単なので、どなたでもできます。「音楽は苦手だから」という方でもまったく問題ありません。ただし、このワークショップのテーマは上手に演奏することではありません。むしろ、「聴く」ことのほうに主眼が置かれています。
このワークショップでは、日常の私たちがいかに耳を閉ざしながら生活を送っているかを知り、そしてその耳を再びひらくことを試みます。また、耳をひらくことによって、私たちの心もひらきます。
そして、世界のあらゆるものたちとの交響を始めます。

会場/宿泊:八ヶ岳南麓 ペンション悠遊塾ふぁみりぃ
○お部屋はすべて洋室で、2人部屋もしくは3人部屋となります。カップルやご家族以外の方は、男女別のお部屋となります。また、お一人でお申し込みの方は性別にて相部屋となります。
○夕食は18:00〜。朝食は8:00〜。地元の元気な野菜、中村農園の卵や鶏肉、ふぁみりぃ農園での採れたて野菜も食卓に登場します。ていねいな家庭料理でおもてなしいたします。
○海抜1,100mに位置するカラ松林に囲まれた静かな宿泊施設です。八ヶ岳での滞在をゆっくりとお過ごしいただけます。
○ペンションにはお風呂はありますが、徒歩10分のところには温泉もあります。
電話:0551-38-3191
HP:http://www.kan-r-npo.jp/family/
住所:山梨県北杜市大泉町西井出7224-3
○お車の方:中央高速「長坂IC」から15分。東京方面から約2時間。
○電車の方:JR小海線「甲斐大泉」駅下車。徒歩10分。

前売チケットお申し込み方法:
○銀行振込をご利用する場合
銀行振込をご希望の方は、メールにてその旨をお伝えください。こちらから、銀行口座等の必要事項をご返信いたします。
メールアドレスは、
info@ame-ambient.com(担当:夏目恵まで)
または、
http://www.facebook.com/kazuya.nagaya(長屋和哉)
にメールください。
便利なインターネット経由でのお振込も可能です。

○郵便振替をご利用する場合
郵便振替用紙(郵便局備え付けの青の用紙/送金料70円がかかります)に、住所・氏名・電話番号、メールアドレスを明記の上、通信欄にご希望のチケット枚数と、「焚き火ライブ&神話をめぐるトーク 第○回」とご記入くださいませ。
チケット料金は、上記の「参加費」をご覧ください。


口座番号:00220-8-132138

口座名:ame-ambient

郵便振替用紙の控えを会場にお持ちくださいませ。それを持ちまして、チケットとさせていただきます。

またお振込は、確認作業に日数がかかりますため、それぞれの日程の1週間前までにお願いいたします。

期日を過ぎてしまった場合は、改めてメールかお電話にてお問合せください。
また、ゆうちょ銀行の総合口座か振替口座をお持ちの方は、電信振替もできます。


注!)
ご連絡をこちらから差し上げる場合があります。 その際、お客様のメールソフトの設定の関係で、こちらからのメールが迷惑メールボックスに入ってしまう可能性があります。こちらからのメールの発信アドレスは、info@ame-ambient.comになりますが、あらかじめ迷惑メールボックスに入ってしまわないように、お客様のほうでご注意くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

○キャンセルについて
イベント当日の10日前までのキャンセルは、無料です。
それ以降のキャンセルにつきましては、ご購入いただいたチケット料金の全額が、キャンセル料となります。ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

*******

3・11の東日本大震災とそれに続く福島原発の事故は、わたしたちの暮らしとそれまでの価値観を大きく変えてしまいました。
わたしたちは、当たり前のように存在していると感じていた大地や空気や水が、ほんとうは現代文明との危ういバランスのもとで保たれていることに気がつきました。
大地とわたしたちの絆。風と、海と、わたしたちの絆。
しかし神話は、わたしたちがとうに失ってしまったと思っていたそれらの絆を、いまでもその胸に宿しています。
神話は、ずっと昔に空想された単なる絵空事ではありません。それは深くて力に満ちた根を持ち、わたしたちの心という大地に枝を広げています。
わたしたちは神話の多くをどこかへ失ってしまいましたが、神話は今でもわたしたちとともにあります。わたしたちが大地との関係をふたたび取り戻そうとする時、神話が手を差し伸べるのです。
大地への回帰。
今こそ、神話の声をわたしたちに呼び戻そうではありませんか。
そして、新しい明日へ、洗い立ての明日へ、この懐かしい大地を踏み出そうではありませんか。
古い価値観はすでに壊れてしまいました。それでもわたしたちは、歩いていくのです。
あなたのなかに眠る美しいドラゴンが、すべての道を知っているから。

*******
a0006822_2253178.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-05-17 22:53 | Live
<< お客様のご予約状況について〜焚... Seed Finding〜種子... >>