Top

最新のトラックバック
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Got Interviewed for Polish Music Magazine.

I got interviewed for a portal music magazine Nowamuzyka, Poland.
English version below.
I talked about my latest album “Microscope of Heraclitus” and other topics like my music background, future project and all that.
Please have a look.


ポーランドのウェブマガジンからいただいたインタビューがアップされましたので、もしよろしければ、どうぞお読みください。

ポーランド語に続いて、その下に英語でのバージョンが掲載されています。

内容は、先日リリースした『Microscope of Heraclitus』のこと。それから僕が影響を受けた作曲家のこと、音楽以外からの影響、最近聴いている音楽のこと、等々です。

それから、このアルバムにはポーランドの湖水地方であるカシュビでレコーディングした古い歌をベースに作曲した曲が収録されているのですが、その背景についても話しています。

いつか、このことはしっかりと書いてみたいことですが、少しだけそのさわりを話しました。


それは、湖水地方のカシュビに滞在していたある夜、ポーランドの友人と漆黒の闇の中を車で走った時のことです。僕と彼はともにエストニアの作曲家アルヴォ・ペルトの大ファンで、彼と会えばいつもアルヴォ・ペルトの話をしているのですが、その時カーラジオから、アルヴォ・ペルトの『My Heart`s in the Highland』が流れてきました。まったくの偶然です。ひどいノイズ混じりで、そのノイズの海の向こうから、かすかに聞こえてきました。僕たちは二人して息を飲み、殺し、そのノイズの向こうから聞こえてくるあまりにも美しい音楽に耳を澄ましました。

漆黒の闇と、ヘッドライトが照らし出す森の木々。

アルヴォ・ペルトの音楽は、僕と彼が共有している何か深いものと響き合っています。それはうまく言葉にできないかも知れないけど、握られた拳のような確かさを持っているものです。

それが偶然、その時、僕たちの耳に届いてきました。

このことは、僕がこれまで経験した中で、もっとも美しいものの一つでした。人生には言葉で理解しようのないことが数多くあることはわかっているつもりですが、それでも、僕たちは理解を超えた地平からふいに現れる美しいものを目の当たりにし、そしてもう一度、言葉を失うのです。人生って一体どうなっているのだ、と、さらに問いかけるのです。




[PR]
# by rhyme_naaga | 2018-05-28 21:16 | Music
アルバム『Microscope of Heraclitus』リリース

4月12日の今日、僕のアルバム『Microscope of Heralitus』がバルセロナのレーベル Indigo Rawよりリリースされました。

ダウンロード、ストリーミングは以下のサイトよりご利用できます。

どうぞよろしくお願いいたします。


Itunes https://goo.gl/xDWXUs
Spotify https://goo.gl/qFDNX2
Beatport https://goo.gl/HpXK75

And in all major download/streaming stores worldwide.

a0006822_22050893.jpg

ところでアルバムのタイトルは、日本語では『ヘラクレイトスの顕微鏡』となります。

ヘラクレイトスは、古代ギリシアの植民地だった小アジアのエフェソス出身の哲学者で、ニーチェの「永劫回帰」に深い影響を与えた人です。

「同じ河には、二度と入れない」と彼の断片録にあるように、彼はすべての現象が生成変化していることを語りました。いわば彼は微視的な、顕微鏡的な感覚と思考を持っていたわけです。それが、このアルバムのタイトルとなっています。

この微視的な思考を持っていた人々は、もちろんヘラクレイトス以降も多く存在しています。例えば、画家フェルメール、数学者マンデルブロー、ニーチェ、哲学者ドゥルーズ、精神分析家ガタリ、そしてバッハ。

ヘラクレイトスが生きていた時代、彼は「謎をかける人」あるいは「闇の人」と呼ばれていたそうですが、それは僕にやはりニーチェを思い起こさせます。孤高の哲学者、小アジアを颯爽と闊歩するヘラクレイトスの姿を想像すると、なぜか僕は勇気づけられるような思いがします。

もしよろしければ、ぜひお聴きください。



[PR]
# by rhyme_naaga | 2018-04-12 22:16 | Music
カシュビ〜Kaszuby
『カシュビ〜Kaszuby』
昨秋、ポーランド北部の美しい湖水地方カシュビを訪れた際、美術館でのライブの後、主催の方が僕をホームパーティに招いてくれた。
カシュビは、ポーランド先住系の人々が暮らす地域で、言語もポーランド語と異なっている。そのため、道路標識などもポーランド語とカシュビ語の二重表記となっている。
そのホームパーティである女性が、カシュビの古い歌を聴きたい、という僕の願いに応えてくれたのだった。
美しい歌だった。
しかし、それは悲しい歌でもあった。多くの東欧の歌がそうであるように。東欧の歌の、この美しい悲しみは一体どこから来るのだろう。
僕は、その歌を手持ちのiPhoneで録音し、そして1年以上が経って、ようやくそれを編曲し、ひとつの曲にすることができた。

写真もすべてiPhoneで簡単に撮ったものばかりだし、そもそも僕は写真を撮る習慣がないから、あまり良い写真もないが、ともあれ何枚かの写真を記憶として収録しておいた。
どうか、もしよろしかったら、お聴きください。
日本人の多くがほとんど知らない場所。美しい湖と森と、そしてやっぱり美しい歌が湖水を霧のように流れてゆくひそやかな大地。カシュビの歌。

"Kaszuby"
Recorded Kaszubian folk song last autumn and arranged it to this ambient track "Kaszuby".
This track is dedicated to my friends who were with me when I recoreded the song in Kaszuby.
[PR]
# by rhyme_naaga | 2016-12-15 22:53 | Essay
仔猫のこと②
外で生まれた仔猫は、母猫にネグレクトされ、寒い冬の夜を我が家の楽器倉庫で過ごすようになったが、僕たちは彼女に去勢手術を受けさせ、何本かの注射を受けさせた。
しかし彼女と家の中で一緒に暮らせるようになるためには、先住猫との相性もあるし、何よりも彼女が猫エイズと猫白血病のキャリアでないことが前提となる。先住猫はキャリアではないから、もし彼女がキャリアであった場合、2匹を一緒にすることはつまり先住猫の生命にも深い影響を与えてしまうことになるからだ。
a0006822_2394729.jpg

先週のこと、獣医のもとへ彼女を連れていった。
お腹の虫下しの注射をしてもらった後、彼女がキャリアであるかどうかの検査をしてもらった。
「15分くらいで結果がわかるから、待ってて」
と言われ、彼女を入れたバスケットケースを抱えて、待合室で待つその15分はとても長かった。彼女はその中で、ずっと鳴いていた。もし彼女がキャリアであったなら、僕たちは彼女をもう一度、外の世界へ明け渡さなければならない。それしか選択肢はないが、僕にはそれをする自信がなかった。
やがて診察室にもう一度、呼ばれ、バスケットケースで鳴き続ける彼女と一緒に入っていくと、
「エイズの白血病も陰性だよ。オールクリア」
と言われた。その時の安堵と喜びの大きさといったらなかった。
a0006822_2310227.jpg

そして、もうひとつの課題である先住猫との相性も、僕はずいぶん心配したのだが、わずか1時間もしないうちに彼は幼い彼女をすっかり受け入れてくれた。我が家の2頭の心優しい犬たちは、仔猫の彼女を気遣ってくれた。
一般論としての動物たちのことは、僕にはよくわからない。
しかし、僕が接してきた動物たち、僕が愛した動物たちはただのひとつの例外もなく、みな心から優しかった。彼らはみなスイートだった。
彼らは純粋な贈与のように、僕たちの世界の片隅に生きている。
しかし、その片隅はむしろ中心である。そこから、僕たちはかけがえのない愛情と経験と、そして他者のために生きる学びを得ることができるのだから。
a0006822_23101921.jpg

[PR]
# by rhyme_naaga | 2016-04-23 23:10 | Essay
小さき精霊たちの消息〜諏訪篇
今年5月27日(金)~29日(日)にかけて、八ヶ岳&諏訪エリアの縄文文化と諏訪信仰の聖域をめぐるツアー『Invisible Deities~小さき精霊たちの消息・諏訪篇』を行なうことになりました。
宿泊は、八ヶ岳南麓のペンション(2泊)になります。
それぞれの夜には、僕のライブと、井戸尻考古館学芸員による縄文文化をめぐる講演を予定しています。
a0006822_22331695.jpg

また、この『Invisible Deities~小さき精霊たちの消息・諏訪篇』では、諏訪を中心に存在する精霊ミシャグジの消息、そして神社神道が流通する以前の文化圏である八ヶ岳縄文文化の痕跡を巡り、諏訪大社4社を巡ります。
八ヶ岳縄文文化は、縄文時代中期に大きく栄え、独自の土器や土偶などを遺しました。それらの土器・土偶には彼らの内的世界が厳密な形で刻まれ、そこに神話の萌芽と宗教的エクスタシーを見ることができます。
ミシャグジは、現在でも解明されたと言い切れない謎の精霊であり、諏訪を中心に広く日本に分布しています。縄文時代の石棒(リンガ)がミシャグジと同一視されることもあるため、この精霊は縄文時代から信仰されていた可能性もあります。
また、諏訪大社は、その胎内に狩猟文化を宿したまま現代に至っているように僕には思われます(もちろん間違いである可能性も高いですが)。
日本の神は不浄を嫌うとされますが、諏訪大社には狩猟の祭祀があり、そこで流される血は必然です。いわば、諏訪は日本の神道に内面化することのできない差異を根底に宿しており、それが諏訪信仰を際立たせているように思われます。
そして、それこそが諏訪の魅力を形作っています。
そこは解読しきれない深い謎を湛え、訪れた人に問いかけます。
私たちがかつて信じていたもの=精霊は、一体何だったのか。
かつて存在した多層的な文化は、どのように一元化されようとしているのか。
a0006822_22333960.jpg

ツアーの詳細は以下の通りです。
皆さま、ぜひご参加ください。

*****
・日程:2016年5月27日(金)~29日(日)/2泊3日
・宿泊先:遊悠塾ふぁみりぃ(tel:0551-38-3191)
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出7224-3
・参加費:65,000円(宿泊費(2泊・朝夕食付)および長屋和哉 LIVE料金、講演料ともに含む)
*集合&解散場所までの交通費・昼食費は各自ご負担願います。
・集合&解散場所は、ともにJR中央本線「小淵沢駅」を予定。
・募集人数:10名(最小催行人数6名)
・申込み締切日:2016年5月24日(火)まで。
・お問い合わせ:invisibledeities@gmail.com
・お申込先:http://kokucheese.com/event/index/373323/

a0006822_22335521.jpg

[PR]
# by rhyme_naaga | 2016-04-16 22:34 | Live
仔猫のこと
八ヶ岳の12月、いよいよ厳しい冬になろうとする頃、生まれてまだ3ヶ月ほどの仔猫が体じゅうを泥のようなもので汚し、寒そうに体を震わせていた。
僕の家の周囲には、何匹かののら猫君たちが暮らしていて、その仔猫はお母さん猫と一緒に、僕たちが家の外に用意しておいた箱の中で暮らしていたのだが、その仔猫が体を汚してどこかから帰ってきたため、お母さん猫は仔猫を威嚇し、近寄ろうとする仔猫を牙を剥くようになった。
a0006822_22284589.jpg

その姿がとても可哀想で、僕たちは楽器倉庫にベッドを作り、そこで仔猫が暖かく過ごせるようにして、招き入れた。
我が家には先住猫のミント君がいるため、簡単に家の中まで入れることはできないが、楽器倉庫だったら問題ないし、冬の屋外とは比べものにならないくらい暖かいから、仔猫はそれ以来、そこで夜を過ごすようになり、いつしか仔猫の家となった。
それから3ヶ月と少し、仔猫は成長し、やがて女の子であることがわかった。
僕たちは彼女を家に迎え入れ、我が家の2匹めの家猫になってもらおうと思って獣医のもとへ連れていった。いくつかの検査と注射、そして手術が彼女を待っていた。そして、それはさらにまだ続く。

それらの施術は、もちろん彼女のために為そうと思ったことだ。
だが、僕に確信が持てない。その小さな可愛い命は、外でそのまま生きていたほうが幸せだったろうか、と思う。
何本かの注射、触診、そして去勢手術。
そのたびに、彼女は僕たちの腕に抱きかかえられ、車に乗せられ、診察台に載せられる。僕たちは精一杯、彼女に声をかけつづける。彼女が不安にならないように。彼女が孤独にならないように。彼女が怯えないように。
そして、その小さな命は、それらの試練をすべて乗り越え、いま、僕の膝の上で静かに目を閉じ、眠りつづけている。
よく頑張ったね、と思う。
でも、僕にはやっぱり確信が持てないのだ。その小さな命は、果たしてこれで本当に幸福なのだろうか。僕は何かとても大きな間違いをして、彼女を苦しめているのではないだろうか。
あまりに小さ過ぎて、あまりに弱くて、僕たち人間にはとうてい逆らうことができないその小さな命を、僕はひどく傷つけてしまったのではないだろうか。

その仔猫のささやかな寝息。折れてしまいそうなほど小さな手。僕の手の中の生命。
もしまた同じ選択をする時が来ても、きっと僕は同じことをすると思う。しかし、やっぱり心の底ではわからないままである。
ごめんね、と思う。
何度も何度も、仔猫にごめんねを言いながら、僕はまた獣医のもとへ彼女を抱きかかえていくのだと思う。彼女の命の行方を変えてしまった悲しみのようなものも一緒に抱えて。
a0006822_2229194.jpg

[PR]
# by rhyme_naaga | 2016-04-16 22:29 | Essay
犬を愛する理由
犬たちとの暮らしの中で、僕が彼らを尊敬し愛してやまない理由は、彼らが持っている信頼の力にある。
彼らはつねに僕を信頼してくれる。それは彼らの全身全霊を込めた信頼であり、愛情である。その揺るぎない力に、僕はいつも心が震える。それは文字通り毎日のことで、僕は彼らを毎日、感謝を込めて抱きしめる。
なんて美しい生命なんだろう、と思う。
他者に対する溢れるような信頼を、彼らはどうやって獲得できたのだろう、と考える。
a0006822_23205712.jpg

人類と共通の祖先を持つ類人猿には、オラウータンやゴリラやチンパンジーがいるが、その他チンパンジーによく似たボノボという種が存在している。ボノボは見かけ上ほとんどチンパンジーと変わらないのだが、集団的な性格はほとんど正反対で、チンパンジーの社会は男性優位で権力闘争の果ての殺戮、戦争、レイプが発生することがあるが、ボノボの社会は女性優位であり、抗争は年長のメスによって調停され、回避される。
この二つの社会は対照的だが、チンパンジーとボノボのDNAの違いはほんのわずかであるらしい。そして、人類との比較でいえば、「チンパンジーと人類の差」と「ボノボと人類の差」は変わらない。比喩的に言い換えれば、戦闘的な社会と人類との距離は、平和的な社会と人類との距離と変わらない、ということでもある。
いわば、人類は戦闘と平和とを同じように手にしているのである。
例えば、帝国末期としてのアメリカ大統領選を見ると、その戦闘性によってポピュリズムを握ったトランプと、貧富の格差の解消を通じてあらゆる人々に安心して生きる権利を与えようとするバーニー・サンダースとの対比は、まるでこれら対照的な二つの社会を見るようである。僕の知人はこの構図を「まるで指輪物語のようだ」と評したが、言い得て妙である。

犬たちの人間に対する信頼は無条件に深く、それは僕たち人間には到底、到達しえない深度であるかのようだ。
ただ、僕たちの近縁であるボノボの社会はそれを実現しているし、友愛の理念は紀元前の時代からそれを獲得してこようとしてきた。いわば、僕たち人類は戦闘と平和の間に立ち続けてきたわけである。
そして、犬たちは、僕たちの中のもっとも崇高な部分を映し出す鏡である。
その鏡には、信頼が映っている。
そして、友愛が映っている。
愛情が映り、委ねることが映っている。
愛すべき美しい生命。
犬たち。
a0006822_23211677.jpg

[PR]
# by rhyme_naaga | 2016-03-24 23:21 | Essay
ライブ「すべての美しい闇のためにⅡ」with 高山典子
バイオリニスト高山典子さんとのコラボライブです。
東京代々木上原の音響の素晴らしいホールです。ぜひいらしてください。

a0006822_2131325.jpg

ライブ「すべての美しい闇のためにⅡ」with 高山典子(バイオリン)

日程:3月5日(土)
出演:高山典子(バイオリン)長屋和哉(Mac、パーカッション)
料金:3,000円(当日4,000円)
時間:19:00開演(18:30開場)
会場:MUSICASA(ムジカーザ)
住所:東京都渋谷区西原3-33-1
アクセス:
小田急線・千代田線「代々木上原」駅東口より徒歩2分
京王線「幡ヶ谷」駅南口より徒歩12分
予約・お問合せ:ミュージックアソシエイツ
Tel:03-5999-8016
web:http://nonnonspace.com
主催:ミュージックアソシエイツ
a0006822_2133066.jpg

[PR]
# by rhyme_naaga | 2016-02-12 21:03 | Live
美について
古いデータを整理していたら、およそ10年ほど前、知人に依頼されて書いた詩が見つかった。
テーマは「美」について。
もしよろしかったら、どうかお読みください。

a0006822_21482100.jpg

美について

きみは
尽きることのない海から生まれ
踏みしめられた銀色の雪に
かつて
歓びの声をあげたのだ
人生はその歓びのすべてだと
陽光に満ちた午後の食卓で
祖母に教えられたのだ

きみは
思い出すことができるだろうか
あでやかな花にも似た
賑やかな午後の樹の下で
きみの生が祝福され
きみの名が決められた
夏の午後を
きみは
一編の詩の行間にこぼれた
海のような空白に
生を受けたのだ

きみの名は
すべての祝福と歓喜のなかで
召喚された
初めての夏の午後に
父はきみの名を呼び
そして母は
さらに名を呼んだ
きみは世界の無垢よりも無垢で
世界の美よりも
さらに美であった

ひとときも絶えることなく
きみとともに歩いてきたのだ
初めての夏の午後
きみはそうして歩きはじめたのだ
父がきみの名を呼び
母がさらに呼んだ
眩い夏の午後から

長屋和哉 2007年初夏
a0006822_2148174.jpg

[PR]
# by rhyme_naaga | 2016-02-10 21:48 | Essay
柳本和也×長屋和哉 寿ぐ冬の高野山リトリート
今月末(2/26〜28日)、高野山にて【柳本和也先生と長屋和哉のコラボ高野山リトリート】が開催されます。
a0006822_23523834.jpg

これは通常、2泊3日の内容ですが、1泊のみ参加 & WSのみ参加の募集も開始されましたので、もしご興味のある方はぜひ冬の高野山にいらしてください(但し、2/12(金)までは、宿泊あり2泊の方→1泊の方→宿泊なしの方の順で優先的に受付させていただきます、とのことです。マットを敷くスペースに限りがあり、宿泊してもコラボWSに参加できない、とならないように何卒ご了承くださいませ)。
また、僕の行なうワークショップ『シンギングボウルの演奏法と音の不思議』では、倍音とは一体どういうもので、どのように構成されているかについてなどを概説しながら、美しい音の演奏法を説明したいと思っています。同時に、神話や仏教への脇道を経巡り、「音」を中心とする万華鏡=カレイドスコープのようなワークショップにしたいと思います。
ご自身のシンギングボウルをお持ちの方は、ぜひご持参ください。
どうぞよろしくお願いいたします。
【柳本和也×長屋和哉 寿ぐ冬の高野山リトリート】
▲2/26~28 2泊3日 ¥55,000(①②③④⑤⑥のワークに参加)
▲2/26~27 1泊2日 ¥30,000(①②③④のワークに参加)
▲2/27~28 1泊2日 ¥31,500(④⑤⑥のワークに参加)
▲WSのみ参加
①『Kazuya Yoga WS』 2/26 14:45~16:15 ¥5,000
②『シンギングボウルの演奏法と音の不思議』 2/26 19:00~21:00 ¥5,000
③『セルフプラクティス』 2/27 6:00~7:45 ¥4,500
④『瞑想ライブ~ミトラの夢~』 2/27 12:45~14:15 ¥5,000
⑤『コラボWS』 2/27 14:45~16:15 ¥10,000
⑥『Asana Mandala WS』 2/28 10:30~12:30 ¥6,000
 
詳細&お申込み→http://biotope-yoga.com/?p=4004
a0006822_2352537.jpg

[PR]
# by rhyme_naaga | 2016-02-07 23:53