Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
犬を愛する理由
犬たちとの暮らしの中で、僕が彼らを尊敬し愛してやまない理由は、彼らが持っている信頼の力にある。
彼らはつねに僕を信頼してくれる。それは彼らの全身全霊を込めた信頼であり、愛情である。その揺るぎない力に、僕はいつも心が震える。それは文字通り毎日のことで、僕は彼らを毎日、感謝を込めて抱きしめる。
なんて美しい生命なんだろう、と思う。
他者に対する溢れるような信頼を、彼らはどうやって獲得できたのだろう、と考える。
a0006822_23205712.jpg

人類と共通の祖先を持つ類人猿には、オラウータンやゴリラやチンパンジーがいるが、その他チンパンジーによく似たボノボという種が存在している。ボノボは見かけ上ほとんどチンパンジーと変わらないのだが、集団的な性格はほとんど正反対で、チンパンジーの社会は男性優位で権力闘争の果ての殺戮、戦争、レイプが発生することがあるが、ボノボの社会は女性優位であり、抗争は年長のメスによって調停され、回避される。
この二つの社会は対照的だが、チンパンジーとボノボのDNAの違いはほんのわずかであるらしい。そして、人類との比較でいえば、「チンパンジーと人類の差」と「ボノボと人類の差」は変わらない。比喩的に言い換えれば、戦闘的な社会と人類との距離は、平和的な社会と人類との距離と変わらない、ということでもある。
いわば、人類は戦闘と平和とを同じように手にしているのである。
例えば、帝国末期としてのアメリカ大統領選を見ると、その戦闘性によってポピュリズムを握ったトランプと、貧富の格差の解消を通じてあらゆる人々に安心して生きる権利を与えようとするバーニー・サンダースとの対比は、まるでこれら対照的な二つの社会を見るようである。僕の知人はこの構図を「まるで指輪物語のようだ」と評したが、言い得て妙である。

犬たちの人間に対する信頼は無条件に深く、それは僕たち人間には到底、到達しえない深度であるかのようだ。
ただ、僕たちの近縁であるボノボの社会はそれを実現しているし、友愛の理念は紀元前の時代からそれを獲得してこようとしてきた。いわば、僕たち人類は戦闘と平和の間に立ち続けてきたわけである。
そして、犬たちは、僕たちの中のもっとも崇高な部分を映し出す鏡である。
その鏡には、信頼が映っている。
そして、友愛が映っている。
愛情が映り、委ねることが映っている。
愛すべき美しい生命。
犬たち。
a0006822_23211677.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2016-03-24 23:21 | Naaga`s Voice