Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
音楽の夢
2015年最後の夜、音楽の夢をみた。
僕はその夢のなかで、音楽を作っていた。シンセサイザーかピアノらしきものを弾きながら、和音の流れを作っていた。最初に僕が奏でた和音はEm(イーマイナー=ミ短調)で、それがやがてE♭m(イーフラットマイナー=ミ♭短調)に転調されるような流れの音楽を作っていたのだ。
そこへ、見知らぬ男がやって来て、僕にこう言った。
「Emは、過去における死を意味している」と。
a0006822_23554650.jpg

Emとは、ミの音をベースに作られる悲しげな響きの和音である。その男は、それが「過去に起こった誰かの死」の意味なのだ、と言ったのだ。
すると、そこになぜか、三島由紀夫が突然あらわれて、彼に続けてこう言った。
「E♭mは、未来の死を意味する」
と。つまり、僕が作っていた音楽の流れは「過去における誰かの死が、未来における誰かの死になる」という意味を持っている、と夢のなかの三島由紀夫は言ったのである。
僕はそこで考え込んでしまった。もちろん夢のなかでのこと。
過去において起きた死が、未来に起こるであろう死に転換されるようなことは、果たして「あり得る」のだろうか?
もしそれがあり得るとすれば、過去における死は未来に繰り返される運命にあり、死の一回性、つまりその「出来事性」は失われてしまう。それは同時に、時間の一回性が失われることであり、たとえば僕たちの宇宙の時間の始まりとしてのビッグバンという特異点も失われることを意味している。
だから、もし夢のなかの三島由紀夫が言ったことが本当であるならば、世界は永遠に時間を失っている、ということである。
永遠に時間を失っているとは、つまり、死は永遠に死そのものを繰り返し、生もまた永遠にそれ自体を繰り返す、ということであり、それはニーチェの「永劫回帰」を思わせる。あるいは、ひとつの「輪廻転生」のモデルなのだろうか。

そのあたりのどこかで、僕は目を覚ます。
そして深く考え込む。
三島由紀夫の『豊穣の海』は輪廻転生をめぐる小説だが、そこでは大乗仏教の唯識をベースにした輪廻転生が語られている。
それは大乗仏教であるから、「空性」はその哲学の大前提であり、あらゆる存在は「空」として捉えられている。つまり、輪廻転生する主体=魂は、それ自体として存在しないのである。
しかし、輪廻はするのだ。
では何が輪廻するのか?
唯識では、輪廻するものは「阿頼耶識」という働きそのものであり、それは主体を持たない。つまり、「働き」という述語しか存在しないのである。
ここに至って、僕たちの思考はひどく厄介な問題を抱え込んでしまうことになる。なぜなら、人間の思考=言語は主語なしには作動しないようにできているからだ。

2015年最後の日、僕はいつものように犬たちを散歩へ連れていった。
しかし、歩きながら考えていたのは唯識のことではなく、なぜ、Emが過去における死を意味している、なんて夢のなかの男は言ったのだろう、ということだった。
夢のなかで、僕たちは表象=シニフィアンの連鎖を体験する。
Emと、過去における死には、果たしてどのようなつながりがあるのだろうか。それらを結びつける情動はなんだろうか。
そして、音楽は意味から自由になることはできるのだろうか。
よく晴れた冬の空。
風は冷たく、樹々は凍え、犬たちは森を駆けてゆく。
僕は大声で、彼らを呼ぶ。
犬たちは美しい。その彼らの眼に、大きな冬の空が映っている。
a0006822_2356076.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2016-01-10 23:56 | Naaga`s Voice