Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今週末(11/3)のライブ、まだ残席あります
今週土曜日(11月3日)の八ケ岳でのトーク&ライブ。
まだ残席がありますので、どうぞ晩秋の八ケ岳にお越しください!

**********


響きあう神話たち
       〜縄文時代の神話をめぐって
  ライブ & トーク in 八ヶ岳

神話シリーズ第3弾の開催を急遽、決定しました。
およそ1万ほど続いた縄文時代。八ヶ岳はその中期には、列島文化の中心地でした。
...
そこで生み出された多くの土器と土偶。それは、神話的なイメージで覆われ、彼らの世界観を伝えています。
私たち多くの祖先が、一体どのような神話を信じ、心の拠り所としてきたのか。そして、私たちの未来と幸福のために、それらは今でも私たちの心に根ざすことができるのか。
私たちが、これからの世界を生きていくために。

ともに神話をめぐり、語り、感じるイベントです。
もしよろしかったら、秋の八ヶ岳にぜひお越しください。
a0006822_2250748.jpg

日程
○11月3日(土)

出演:長屋和哉
トークゲスト:小松隆史(井戸尻考古館学芸員)

ライブ:19:00〜20:30
縄文時代の神話をめぐるトーク:20:30〜22:00

参加費:
○13,500円(宿泊、2食、ライブ&トーク参加費込み)
○4,500円(ライブ&トーク参加費のみ)

定員:21名(宿泊付き)。なお、ライブ&トークのみの参加は+20名。

予約/問合せ:
npo-kan@mail.goo.ne.jp(担当:湊さち子まで)
0551-38-3191(悠遊塾ふぁみりぃ)
なお、お問合せは、このfacebookのメールでも大丈夫です。
主催:悠遊塾ふぁみりぃ
※宿泊付きの定員は21名様と限りがありますので、なるべくお早めにお問合せくださいませ。
※お子様連れの方は、別途ご相談ください。

会場/宿泊:八ヶ岳南麓 ペンション悠遊塾ふぁみりぃ
○お部屋はすべて洋室で、2人部屋もしくは3人部屋となります。カップルやご家族以外の方は、男女別のお部屋となります。また、お一人でお申し込みの方は性別にて相部屋となります。
○夕食は18:00〜。朝食は8:00〜。地元の元気な野菜、中村農園の卵や鶏肉、ふぁみりぃ農園での採れたて野菜も食卓に登場します。ていねいな家庭料理でおもてなしいたします。
○海抜1,100mに位置するカラ松林に囲まれた静かな宿泊施設です。八ヶ岳での滞在をゆっくりとお過ごしいただけます。
○ペンションにはお風呂はありますが、徒歩10分のところには温泉もあります。
電話:0551-38-3191
HP:http://www.kan-r-npo.jp/family/
住所:山梨県北杜市大泉町西井出7224-3
交通:地図をご参照ください。
○お車の方:中央高速「長坂IC」から15分。東京方面から約2時間。
○電車の方:JR小海線「甲斐大泉」駅下車。徒歩10分。

前売チケットお申し込み方法:
ゆうちょ銀行の以下の口座に、参加費をお振込ください。

ゆうちょ銀行
記号 10810
番号 15946021
名義 特別非営利活動法人「環」

なお、お振込いただく前に、あらかじめ上の予約/お問合せ先に参加者氏名、人数等をお知らせください。

○キャンセルについて
イベント当日の10日前までのキャンセルは、無料です。それ以降のキャンセルにつきましては、ご購入いただいたチケット料金の全額が、キャンセル料となります。ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

*******

3・11の東日本大震災とそれに続く福島原発の事故は、わたしたちの暮らしとそれまでの価値観を大きく変えてしまいました。
わたしたちは、当たり前のように存在していると感じていた大地や空気や水が、ほんとうは現代文明との危ういバランスのもとで保たれていることに気がつきました。
大地とわたしたちの絆。風と、海と、わたしたちの絆。
しかし神話は、わたしたちがとうに失ってしまったと思っていたそれらの絆を、いまでもその胸に宿しています。
神話は、ずっと昔に空想された単なる絵空事ではありません。それは深くて力に満ちた根を持ち、わたしたちの心という大地に枝を広げています。
わたしたちは神話の多くをどこかへ失ってしまいましたが、神話は今でもわたしたちとともにあります。わたしたちが大地との関係をふたたび取り戻そうとする時、神話が手を差し伸べるのです。
大地への回帰。
今こそ、神話の声をわたしたちに呼び戻そうではありませんか。
そして、新しい明日へ、洗い立ての明日へ、この懐かしい大地を踏み出そうではありませんか。
古い価値観はすでに壊れてしまいました。それでもわたしたちは、歩いていくのです。
あなたのなかに眠る美しいドラゴンが、すべての道を知っているから。

*******
a0006822_22501945.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-10-31 22:51
11月のライブスケジュール
11月のライブ/ワークショップの情報をアップしました。
もしよろしかったらどうかご覧ください。

11月3日 八ケ岳
11月21日 大阪
11月23日〜25日 宮崎

*******************

a0006822_23395793.jpg

11月3日(土) / 山梨県北杜市

響きあう神話たち〜縄文時代の神話をめぐって
     ライブ & トーク in 八ヶ岳

日程:11月3日(土)
出演:長屋和哉
トークゲスト:小松隆史(井戸尻考古館学芸員)

ライブ:19:00〜20:30
縄文時代の神話をめぐるトーク:20:30〜22:00


参加費:
○13,500円(宿泊、2食、ライブ&トーク参加費込み)
○4,500円(ライブ&トーク参加費のみ)

定員:21名(宿泊付き)。なお、焚き火ライブ&トークのみの参加は+20名。

予約/問合せ:
inpo-kan@mail.goo.ne.jp(担当:湊さち子まで)
0551-38-3191(悠遊塾ふぁみりぃ)
主催:悠遊塾ふぁみりぃ
※宿泊付きの定員は21名様と限りがありますので、なるべくお早めにお問合せくださいませ。
※お子様連れの方は、別途ご相談ください。

会場/宿泊:八ヶ岳南麓 ペンション悠遊塾ふぁみりぃ
○お部屋はすべて洋室で、2人部屋もしくは3人部屋となります。カップルやご家族以外の方は、男女別のお部屋となります。
また、お一人でお申し込みの方は性別にて相部屋となります。
○夕食は18:00〜。朝食は8:00〜。
地元の元気な野菜、中村農園の卵や鶏肉、ふぁみりぃ農園での採れたて野菜も食卓に登場します。ていねいな家庭料理でおもてなしいたします。
○海抜1,100mに位置するカラ松林に囲まれた静かな宿泊施設です。
八ヶ岳での滞在をゆっくりとお過ごしいただけます。
○ペンションにはお風呂はありますが、徒歩10分のところには温泉もあります。
電話:0551-38-3191
HP:http://www.kan-r-npo.jp/family/
住所:山梨県北杜市大泉町西井出7224-3
○お車の方:中央高速「長坂IC」から15分。東京方面から約2時間。
○電車の方:JR小海線「甲斐大泉」駅下車。徒歩10分。

前売チケットお申し込み方法:

ゆうちょ銀行の以下の口座に、参加費をお振込ください。

ゆうちょ銀行
記号 10810
番号 15946021
名義 特定非営利活動法人「環」

なお、お振込いただく前に、あらかじめ上の予約/お問合せ先に参加者氏名、人数等をお知らせください。

○キャンセルについて
イベント当日の10日前までのキャンセルは、無料です。
それ以降のキャンセルにつきましては、ご購入いただいたチケット料金の全額が、キャンセル料となります。ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

*******

3・11の東日本大震災とそれに続く福島原発の事故は、わたしたちの暮らしとそれまでの価値観を大きく変えてしまいました。
わたしたちは、当たり前のように存在していると感じていた大地や空気や水が、ほんとうは現代文明との危ういバランスのもとで保たれていることに気がつきました。
大地とわたしたちの絆。風と、海と、わたしたちの絆。
しかし神話は、わたしたちがとうに失ってしまったと思っていたそれらの絆を、いまでもその胸に宿しています。
神話は、ずっと昔に空想された単なる絵空事ではありません。それは深くて力に満ちた根を持ち、わたしたちの心という大地に枝を広げています。
わたしたちは神話の多くをどこかへ失ってしまいましたが、神話は今でもわたしたちとともにあります。わたしたちが大地との関係をふたたび取り戻そうとする時、神話が手を差し伸べるのです。
大地への回帰。
今こそ、神話の声をわたしたちに呼び戻そうではありませんか。
そして、新しい明日へ、洗い立ての明日へ、この懐かしい大地を踏み出そうではありませんか。
古い価値観はすでに壊れてしまいました。それでもわたしたちは、歩いていくのです。
あなたのなかに眠る美しいドラゴンが、すべての道を知っているから。

*******

11月21日/大阪府狭山市

トーク&ワークショップ『深海の神〜Isora』

会場:そば屋 藍
住所:大阪狭山市大野台2-13-11
電話:072(368)1982
出演:長屋和哉
HP:http://www.sobaya-ai.jp/

なお、詳細は直接お問合せください。

********

11月23日/宮崎県日向市

神楽と神話のアートフェスティバル
カムヤマト
-前夜祭-

昼の部
トーク「神話の源流」&ミニライブ by 長屋和哉
会場:野の梅 西林
住所:日向市東郷町下三ケ136-7
電話:090-1875-5978(西)、080-6433-9292(橋口)
出演:長屋和哉
時間:15:00開演(14:30開場)17:00終演予定
料金:1,500円(ドリンク付き)

夜の部
コラボレーションライブ『虚空の音』 with 奈良裕之
会場:野の梅 西林
住所:日向市東郷町下三ケ136-7
電話:090-1875-5978(西)、080-6433-9292(橋口)
出演:奈良裕之、長屋和哉
時間:19:00開演(18:30開場)20:00終演予定
交流会:20:00~22:00
料金:3,000円(食事付き)

※昼の部、夜の部の両方参加される方は500円引きさせて頂きます。

*******

11月24日/宮崎県日向市

神楽と神話のアートフェスティバル
カムヤマト

<古事記編さん1300年>
八百万の神々が笑う
神楽と神話のアートフェスティバル「カムヤマト」

会場:日向市グリーンパーク
住所:宮崎県日向市大字日知屋682−148
電話:080-3039-2516(河野)、080-3221-0835(浜砂)
出演:奈良裕之、KNOB、雲龍、長屋和哉その他
時間:15時~22時(※ステージは17時半~21時)
料金:無料
主催:カムヤマト実行委員会
後援:日向市観光振興課、日向市教育委員会、日向商工会議所、日向市観光協会



*******

11月25日/宮崎県宮崎市

ソロライブ『Isora〜神話の源流へ』in 宮崎

日時:2012年9月14日 (金)

会場:天空カフェジール
住所:宮崎県宮崎市加江田6411
電話:0985-65-1508
出演:長屋和哉
時間:19:30(開場18:00)
定員:80名

【チケット料金】
前売 ¥4,000

【お申込み・お問合せ】
email:junko.toyoda108@nifty.com(とよだ宛)
a0006822_2340835.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-10-26 23:40
Rice Harvesting 〜 収穫
数日前、稲刈りを行なった。
素敵な秋晴れの八ケ岳。
少し風は冷たく、だが陽射しはまだ夏の名残をはらみ、風景を際立たせている。そして、秋の匂い。風が吹くと、稲たちがざわざわと音を立てる。
瑞々しい5月から、やがて夏を経て初秋まで、この大地はすべて水に満ちていたのだ。
しかし今、その水たちはすべて姿を消し、そこにはしめやかに乾燥した大地と、わずかな風にもざわざわとざわめく黄金色の稲穂たちがあるばかりだ。そして、僕たちはそれを刈り取り、こぼれんばかりにあふれる恵みをいただく。僕たちのその営みは、どれほど長い年月を経てきたものか。大地を起こし、水をたたえ、苗を植える。季節はうつろい、やがて実をたわわにはらんだ稲を刈る。その営みの繰り返しは、果たして何千年のものなのか。
あの目眩がするようなニーチェの「永劫回帰」をふと考える。
しかし「永劫回帰」はともあれ、人の営みの不変はおそらくとてつもなく長く続いているものに違いない。人は、大地に寄り添って生きてきたし、海にくぐって生きてきたのだ。
a0006822_22275815.jpg

田植えの頃、大地の豊穣をめぐる神話について、少しだけブログで書いたことがある。
http://rhyme.exblog.jp/15500847/

大地から僕たちへ、無条件に与えられるこの豊穣の源泉は、一体どこから来るのか。それについて、太古の人たちは神話的思考を駆使して考え続けてきた。
そして、それらの神話たちは、ある種のタイプを持ち、世界各地で同じようなものとして存在している。だが、なぜそれらの神話たちは、距離の隔たりに関係なく、かくもお互いに似ているのだろうか。
「神話とは、大脳のエネルギーパターンである」
言葉の細かいニュアンスは忘れてしまったが、アメリカの神話学者ジョゼフ・キャンベルは確かそんなことを書いていた。
また、心理学者のユングは神話的要素(アーキタイプのいくつか)が集合無意識に存在していることを書いている。

いっぽうで、ヒトゲノム・遺伝子解析のここ十数年の目覚ましい成果は、もしかしたら僕たちの神話への理解を変えてしまうほどの強度を持っているかも知れない。
『5万年前』(ニコラス・ウェイド著)によれば、現在生きている僕たち人類のすべての祖先は、およそ5万年前にアフリカを旅立ったのだという。そして、その人数はおよそ150人。たった150人である。その150人がアフリカから世界に散らばり、そして僕たちを作った。
アフリカを旅立った時、彼らはすでに言葉を持っていて、それが世界のあらゆる言葉の母語となった。
そして、ここからは僕の想像に過ぎないが、この時、この5万年前の頃、彼らはすでに神話のようなものを持っていたのではなかっただろうか。僕たちすべての母語で語られる神話。そして、彼ら150人が世界へ散らばっていった時、その神話も同じように世界へ散らばっていった。だからこそ、世界じゅうで語られる神話はかくも似ているのではないだろうか。
5万年前にはまだ農耕こそ始まっていなかったが、大地は、やはり彼らの足元にあった。その大地と関わりあう時、彼らはそこに神話を見て、神々と精霊の物語を語ったのではないだろうか。

秋はまたたく間に過ぎてゆく。
来週は、刈った稲の脱穀。
夏の陽射しの名残は、まるで水に溶けたインクのように跡形もなく消えてゆく。風がわたり、空気は凛々と冴えゆく。
八ケ岳は、これからさらに美しい季節となる。
a0006822_2228965.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-10-13 22:28 | Naaga`s Voice
響きあう神話たち〜縄文時代の神話をめぐって ライブ & トーク in 八ヶ岳
響きあう神話たち
       〜縄文時代の神話をめぐって
  ライブ & トーク in 八ヶ岳

神話シリーズ第3弾の開催を急遽、決定しました。
およそ1万ほど続いた縄文時代。八ヶ岳はその中期には、列島文化の中心地でした。
そこで生み出された多くの土器と土偶。それは、神話的なイメージで覆われ、彼らの世界観を伝えています。
私たち多くの祖先が、一体どのような神話を信じ、心の拠り所としてきたのか。そして、私たちの未来と幸福のために、それらは今でも私たちの心に根ざすことができるのか。
私たちが、これからの世界を生きていくために。

ともに神話をめぐり、語り、感じるイベントです。
もしよろしかったら、秋の八ヶ岳にぜひお越しください。
a0006822_22411060.jpg

日程
○11月3日(土)

出演:長屋和哉
トークゲスト:小松隆史(井戸尻考古館学芸員)

ライブ:19:00〜20:30
縄文時代の神話をめぐるトーク:20:30〜22:00

参加費:
○13,500円(宿泊、2食、ライブ&トーク参加費込み)
○4,500円(ライブ&トーク参加費のみ)

定員:21名(宿泊付き)。なお、ライブ&トークのみの参加は+20名。

予約/問合せ:
npo-kan@mail.goo.ne.jp(担当:湊さち子まで)
0551-38-3191(悠遊塾ふぁみりぃ)
主催:悠遊塾ふぁみりぃ
※宿泊付きの定員は21名様と限りがありますので、なるべくお早めにお問合せくださいませ。
※お子様連れの方は、別途ご相談ください。

会場/宿泊:八ヶ岳南麓 ペンション悠遊塾ふぁみりぃ
○お部屋はすべて洋室で、2人部屋もしくは3人部屋となります。カップルやご家族以外の方は、男女別のお部屋となります。また、お一人でお申し込みの方は性別にて相部屋となります。
○夕食は18:00〜。朝食は8:00〜。地元の元気な野菜、中村農園の卵や鶏肉、ふぁみりぃ農園での採れたて野菜も食卓に登場します。ていねいな家庭料理でおもてなしいたします。
○海抜1,100mに位置するカラ松林に囲まれた静かな宿泊施設です。八ヶ岳での滞在をゆっくりとお過ごしいただけます。
○ペンションにはお風呂はありますが、徒歩10分のところには温泉もあります。
電話:0551-38-3191
HP:http://www.kan-r-npo.jp/family/
住所:山梨県北杜市大泉町西井出7224-3
交通:地図をご参照ください。
○お車の方:中央高速「長坂IC」から15分。東京方面から約2時間。
○電車の方:JR小海線「甲斐大泉」駅下車。徒歩10分。

前売チケットお申し込み方法:
ゆうちょ銀行の以下の口座に、参加費をお振込ください。

ゆうちょ銀行
記号 10810
番号 15946021
名義 特別非営利活動法人「環」

なお、お振込いただく前に、あらかじめ上の予約/お問合せ先に参加者氏名、人数等をお知らせください。

○キャンセルについて
イベント当日の10日前までのキャンセルは、無料です。
それ以降のキャンセルにつきましては、ご購入いただいたチケット料金の全額が、キャンセル料となります。ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

*******

3・11の東日本大震災とそれに続く福島原発の事故は、わたしたちの暮らしとそれまでの価値観を大きく変えてしまいました。
わたしたちは、当たり前のように存在していると感じていた大地や空気や水が、ほんとうは現代文明との危ういバランスのもとで保たれていることに気がつきました。
大地とわたしたちの絆。風と、海と、わたしたちの絆。
しかし神話は、わたしたちがとうに失ってしまったと思っていたそれらの絆を、いまでもその胸に宿しています。
神話は、ずっと昔に空想された単なる絵空事ではありません。それは深くて力に満ちた根を持ち、わたしたちの心という大地に枝を広げています。
わたしたちは神話の多くをどこかへ失ってしまいましたが、神話は今でもわたしたちとともにあります。わたしたちが大地との関係をふたたび取り戻そうとする時、神話が手を差し伸べるのです。
大地への回帰。
今こそ、神話の声をわたしたちに呼び戻そうではありませんか。
そして、新しい明日へ、洗い立ての明日へ、この懐かしい大地を踏み出そうではありませんか。
古い価値観はすでに壊れてしまいました。それでもわたしたちは、歩いていくのです。
あなたのなかに眠る美しいドラゴンが、すべての道を知っているから。

*******
a0006822_22412269.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-10-02 22:41 | ライブツアー