Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
わたしたちの原則、彼らの天秤
多くの人がすでに気がついているように、「大飯原発の再稼働」と「消費税増税」とは最初からワンセットである。
どちらかひとつだけではあまりにも目立ち過ぎるから、このふたつをセットにして時期を重ね、批判の矛先を散らすのである。いわば、ふたつを相殺するわけだ。批判をそらすためのこういった手法は、政治的にはおそらくクラシックなものなのだろう。
しかし、民主党政権は、完全に読み違えている。
そもそも、民主党は、自民党政権に嫌気がさした市民によって政権を取れたのではなかったか。それにも関わらず、市民の力がどれほどのものであったかを、彼らはすでに忘れてしまっている。それは、完全な忘却であり、自殺に等しい忘却ですらある。
もしも、まだ民主党が市民によって選ばれたことを覚えているならば、彼らには、今こそ、今しか、それに応えるチャンスは残されていない。そして、もし彼らがそのチャンスを捉えるとしたら、彼らはほんとうに大きな市民の力を得ることになる。
もし彼らが、聡明にも、原子力エネルギーからの脱却を目指すならば、どれほど多くの市民がそれに協力するだろう。そして、どれほど多くの市民が、歓びのなかで労働し、成果をもたらそうとするだろう。
労働がひとつの歓びとなることが、どれほどわたしたちを勇気づけることだろう。

僕は強く、デモを支持する。
それは、わたしたちの大地を守る潮流であり、あらゆる生命を守る潮流だ。
そして、まだ見ぬ未来の生命、会うことのない世界の生命、犬や猫や、あらゆる動物たち、それらすべての生命を生かそうとする潮流だ。
海はわたしたちを生かし、大地はわたしたちを養った。そして、わたしたちはすべて、海と大地の子どもである。だから、わたしたちもまた、その海の潮流のように、生命を守るのだ。
それは、二者択一のゲームではない。他に選びようのない、ただひとつの原則である。しかし、かの首相は、それを天秤にかけたのだ。そして、わたしたちを生きる価値のない、つまり「生きるに値しない者たち」であると判断し、その代わりに、姑息な既得権益のほうを選び取ったのだ。
なんという哀れで、惨めな天秤。
市民の意志で選ばれたはずの民主党政権は、こうして日本現代史における最悪の首相を生み出した。
a0006822_026522.jpg

怒りを込めて、もう一度書こう。
彼らは、「生命」を天秤にかけたのだ。
だが、それは人類にとって、もっとも大切な原則である。
そして、わたしたちは、その原則に寄り添う。天秤は、わたしたちの手にはない。
僕は、強く、デモを支持する。
a0006822_027316.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-06-30 00:27 | Naaga`s Voice
哲学者カントと原発再稼働
もしかしたら、大飯原発再稼働の決定は、福島原発の事故につぐ大きな事件(あえて、事件と呼びたい)だったかも知れない。
あの決定により、私たちはもしかしたら、今後の数年、あるいは数十年ぶんの進歩を失ったかも知れない。
そして、かの首相は、現代日本史における最高のリーダーになるチャンスを失い、世界でのリーダーシップすら取ることができたかも知れない巨大な幸運を失った。そのかわりに彼が得たものは、一体何だったのか?
彼が優先した利益の先は、すでに多くの人々が了解している。彼が何と言い訳しようが、美辞麗句を並べようが、私たちはもはやそれらを信じるほどナイーブではない。おおよその筋書きは、隠しようもなく、明らかだ。
作家・大江健三郎氏は、脱原発を求める署名を645万人ぶん集めて首相官邸に提出したが、この645万人の背後には、署名運動を知らなかった人や、する機会のなかった人々が圧倒的に膨大な数で、潜在的に控えている。低く見積もっても、おそらくこの10倍程度はいるであろうことを考えれば、もはや人口の過半数が、原発が私たちの未来にもたらすものは何もないのだと考えていることになる。
つまり首相は、ある小さな社会に利益をもたらすため、とてつもなく膨大な国民の意志を完全に反故にしたのであり、その意味では、彼はもはや私たちに対峙する勢力である。

生きていくためには、誇りと勇気が必要だ。
誇りと勇気は、ごく限られた英雄だけが試される試練なのではなく、私たちすべてに試されるものだ。
もし首相に、誇りと勇気があったのなら、彼は官僚や財界の下僕であることをやめられたはずだ。そして、もしかしたら短命の政治家に終わってしまったかも知れないが、それでも彼は、その誇りと勇気ゆえに一人の英雄となることができたはずだ。そして、私たち国民に、さらに多くの誇りと勇気を与えることができたはずではなかったか。
いや、それだけではない。私たちに日本の未来のビジョンを与え、世界の方向を指し示すことだってできたはずだ。正義と愛情が、ひとつの道を作ることができるのだと、そう教えてくれることもできたはずだ。
しかし、彼はそのすべてをドブに棄てた。つまらない目先の利益のために。
a0006822_0382162.jpg

そう、生きていくためには、誇りと勇気が必要なのだ。私たちすべてにとって。
18世紀に生きたプロイセンの哲学者カントは、著書『永遠平和のために』において、国際連盟の思想的な基盤を作った。
彼が国際連盟の必要性を説いた背景には、ヨーロッパ全土を巻き込んだフランス革命戦争の悲惨があったはずだ。さらに、その少し前には七年戦争があり、総体として、ヨーロッパは第二次百年戦争のさなかにあった。
つまり彼は、凄まじい悲惨のなかで、人間の暗黒と禍々しさを目の当たりにし、そして、そこから最高の正義を取り出そうとしたのである。
もっとも絶望的な状況から、もっとも素晴らしいものを取り出そうとしたのだ。まるで、スサノオがヤマタノオロチの腹のなかから美しくて強い剣を取り出したように。そして、スサノオの物語は、他の誰でもない、私たち一人ひとりの物語なのである。

だから、私たちは決して諦めることはない。
私たちは武器こそ取らないが、私たちには鋼鉄のハートがある。強い意志がある。その意志が、私たちに世界の方向を示している。私たちに未来のビジョンを教えている。絶望的な状況が私たちを取り巻いていようとも、諦めさえしなければ、いつかそれは実現されるのだと、哲学者カントの構想は語っている。たとえ、時間がかかるのだとしても。
輝かしい未来を、胸に持ち続けようではないか。
それは必ず実現されるのだと、私たちの強いハートで意志し続けようではないか。
正義と愛情こそが、道を作るのだ。
それだけが、人の歴史のなかで美しいものを作ってきたのだから。
a0006822_0383262.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-06-20 00:38 | Naaga`s Voice
Sasura2
Youtubeに新しい曲『sasura2』をアップしました。
これは未発表のもので、長屋和哉作曲、マシロ(北野道規)プロデュース、高岡銅器協力によって作られました。
日本伝統工芸における高岡銅器の実力を反映して、とても美しい金属の音色になりました。
もしよろしかったら、どうかお聴きくださいませ。



a0006822_0592092.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-06-15 00:59
大地の永遠の生命
今年で4年めとなったお米作り。
先月、無事に田植えも終わり、また新たなシーズンが始まった。春の田起こしから秋の脱穀まで、多くのことを教わり、学び、覚えながらこれまでやってきて、少しずつではあるが、感覚を掴むことができるようになった。
東京から八ヶ岳に移住して今年で12年になるが、お米を作ってみたいと思うようになったのは、5年前のことである。
それから休耕田を持っている地元の方に相談し、一緒に作ってくれる仲間を探し、右も左もまったく見当もつかない状況からスタートした。しかし、地元の方はとても親切にすべての仕事を教えてくれたし、仲間たちも素晴らしい知恵と惜しまない努力で一緒に頑張り、楽しんでくれた。
昨年の八ヶ岳はどこも豊作だったようで、僕たちの田んぼでもおよそ500キロの収穫があった。
仲間3家族(大人6人)が一年食べられるだけのお米と、田んぼを貸してくださっている大家さんへのお礼の分。そのすべてを、僕たちはおよそ300坪の大地から与えられていることになる。
僕たちの労働は、大地を起こし、水を呼び、植物を育てること。そして、収穫し、ふたたび大地を起こすこと。
すると大地は、僕たちに分け与えるのだ。
大地は、言葉通りの意味で、あらゆる生命の泉であり、母体である。僕たちは、もっと深く、繊細に、このことに驚いてもいいはずだ。
a0006822_14121822.jpg

しかし、この大地のエネルギーは一体どこから来るのだろう。
多くの神話を作った古代(新石器時代)の人々は、このエネルギーのことをやはり神話に託して表現している。
それは、ハイヌウェレ型神話と呼ばれる一定の型を持つ神話で、殺された神の体をばらばらにして大地に埋めると、そこからあらゆる豊穣が芽吹く、というものである。
この神話は環太平洋地域を中心に広く分布していて、もちろん日本にもオオゲツヒメの神話として存在している。
八ヶ岳は縄文時代の文化の中心地だったが、ここで出土する土偶の多くは意図的に破壊され、バラまかれていることを考えると、すでに縄文中期(およそ5千年〜4千年前)にはハイヌウェレ型神話が存在していたことになる。
この神話に底流する思考は、神の生命の不滅ということにある。
神の生命は、その個体としては死ぬが、個体を貫いて流れているエネルギーは永遠であり、そのエネルギーが神から大地へと受け継がれたのである。
このエネルギーは永遠の生命であり、決して損なわれることはないのだ。
そして古代の人々は、この永遠の生命を神の物語としたのである。
ハイヌウェレ型神話は、環太平洋域を中心に分布していると書いたが、じつは古代ギリシアでもディオニュソス神の神話をとおして垣間みることができる。不滅の神、ディオニュソスの造形をとおして。
つまり大地の永遠のエネルギーは、すべての世界で、神話として語られているのである。

僕たちは、その大地の上で、ひとつの生命として生きている。
大地は、与える。大地は、奪う。しかし、さらに与える。惜しみなく。
そして僕たちは、さらに大地を起こし、さらに水を呼ぶ。
大地への労働は、魂の労働であり、それが1万年の僕たちの営みである。
大地に鋤を打ち、土をめくり、種をまくのだ。
やがて夏のあたたかな雨が、大地に降り注ぐまで。
a0006822_14123393.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-06-06 14:12 | Naaga`s Voice