Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ウェブサイトが新しくなりました
ウェブサイトが新しくなりました。 YoutubeやFacebook、それからitunesストアへのリンクも新しく作りましたので、もしよろしかったらどうかご覧くださいませ。
画像をクリックして、ご覧ください。
a0006822_2325634.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-03-27 02:33 | etc
3・11のもうひとつの顔
昨年の3月11日からちょうど1年を迎えた。
Facebookをはじめ、たくさんのブログなどで多くの方がそのことについて書かれているので、僕としては新たに書き加えることは何もないだろうと思っていた。
昨夜(11日)の夜までは、ずっとそう思っていたのだ。
しかし、夜になってある女性からメールをいただき、それを読ませていただいて、僕はひとつ、大きなことを見落としていたことに気がついたのである。
だから、それについて、やはり書いておこうと思ったのだ。
これは半ば、僕自身のために。そして、その女性と、その女性と同じような心境でいるかも知れない見知らぬ方のために。
a0006822_22313094.jpg

その女性は、原発事故の後、放射能の影響から逃れるために、海外へ移住した。
彼女には幼い子どもたちがいたため、その移住は言うまでもなく理知的な判断だった。
それから約1年、海外での生活に慣れるのはきっと大変なことだったに違いない。だが、それよりも何よりも、彼女の心は震災のことでずっといっぱいだった。片時も忘れたことはなかった。
彼女は、自分がそこから「逃げてきた」ことに対する大きな罪悪感をずっと抱き続けてきたのだ。そうして彼女は、震災から1年を迎え、その罪悪感を抱えたまま、自分がこの先どうやって生きてゆけばいいのか、それすらわからなくなってしまったのだった。

震災直後、僕はこの大地で生きていくことの覚悟のようなものをブログに書いたことがある。
http://rhyme.exblog.jp/12300117/
僕はここで生きていこうと決めたけれど、今から思えば、ここから避難をしようとする人たちのことをまったく考えようともしなかった。
だが、避難を決意し、海外などへ移住された方々も、この女性と同じようにやはり心に深い傷を負ったのだと、僕はようやく気がついたのだ。
実際に被災された方々の傷は、僕などには到底想像だにできないほど深いものであるに違いない。しかし一方で、そこから「逃げてしまった」と考えている方々も、やはり心に傷を負ったのだ。
結局のところ、その人の行為がどうであったにしろ、あの震災は多くの人々の心を傷つけたのである。もう一度書くが、実際に被災された方々の痛苦を僕などが計り知ることはできない。しかし、そうでない人にとってすら、そこから「うまく逃げおおせた」人なんて、本当にいたのだろうかと思う。

「逃げてしまった」と思う罪悪感。
被災された方々のために何かできたかも知れないはずだったのに、自分と家族のことを想い、「逃げてしまった」。
「私は、これからどうすればいいですか?」
とその女性はメールで問いかけてきた。
僕は自分の至らなさを思い、移住された方が背負ってしまったものの重たさを思った。
どうお返事を書いたものか、僕は3月11日の夜、ずっと思いめぐらせていた。そして、12日になってようやく書くことができた。たどたどしい文章ではあるが、彼女の心の傷を想って書いたものであり、そして、まだ見ぬ人の心の傷を想って書いたものだ。
しかし、もしかしたら、僕はひどくつまらないことを書いてしまったかも知れない。それによって、ひどく混乱させてしまったかも知れない。ただ、嘘を書くことだけはしまいと思ったのだ。本当のことを書き、そして、それが結果的に彼女の心の荷を多少なりとも軽くすることができたら、それはそれで素晴らしいことだと思ったのである。

この文章は、「逃げてしまった」という罪悪感に苛まれて、圧し潰されてしまいそうな、見知らぬ方への僕からの手紙でもある。もしよかったら、どうかお読みください。

・・・さんへ

「さて、あなたは『私は逃げてきてしまった』と書かれているけれど、それはまったく当然の選択だったと思います。僕も原発の爆発の直後は真剣に考えました。あなたは『私はこれからどうすればいいですか?』と言うけれど、あなたが海外にいて、それでもできることはちゃんとあります。

直接、震災の被害に遭われた方のことは、僕たちのように被害に遭っていない人間には結局は計り知れません。そして、彼らのために多くの方々がボランティアなどの形で復興支援を通じて、サポートしてきました。あるいは援助金という形で。それは本当に、素晴らしい行為であることに間違いありませんね。
しかし一方で、あなたも、自分を犠牲にしたではありませんか。
自分の大地を離れること、それから郷里を離れる決断をしたことによって。
それは大きな喪失だったことでしょう。たくさんの人が今回の震災で喪失を経験しましたが、あなたの経験したことだって、ひとつの大きな喪失だったんですよ。
自分の大地と郷里を失うこと、もうそれで充分ではないですか。

しかし考えてみれば、望もうが望むまいが、結局のところ人間は失い続けるものなのかも知れません。生きていくと、たくさんのものを失いますよね。
ただ、それでも生きていこうと思う時、その手がかりは、自分の身近な者たちもやはり同じように失い続けているのだということに対する、切実な愛情です。誰もが死へ向かっていることへの愛情です。
喪失と死は、あなたが歩いている大地のすぐ下に存在しています。
そしてあなたの一歩一歩、その足裏がそれを確かに感じている時、あなたの隣を歩いているあなたの愛する者も、やっぱり同じようにそれを感じとっているのです。いや、むしろ、愛する者の一歩一歩が、痛みのように、あなたを静かな愛情へ駆り立てるのです。
しかし愛情は、残念ながら、死にも喪失にも勝てる手だてを持っていません。それはただ見守るのみです。しかし、それでも、あなたにはそれしかないのです。僕たちが生きていく拠り所は、ただそれだけです。
ただ、その愛情が自分と他者とをはかなくも確かに繋ぐ時、人生には『それでも生きていく』という切実な果実があります。
ほんの一瞬で数えきれないほど多くの方々が失われてしまうこの無情の世界で、しかし、それでも生きていくのです。
いいですか、『それでも』生きていくんですよ。何があろうとも。
あなたが愛する者の一歩一歩の足音に寄り添い、そして、いずれ訪れる死があなたたちを分かつまで。」

長屋和哉
a0006822_223262.jpg

アルバム情報を、ご覧ください。
http://www.ame-ambient.com/silent.html
[PR]
by rhyme_naaga | 2012-03-12 22:33 | Naaga`s Voice
那覇の音風景のこと & コンサート in 愛知県豊山町
先週末、9年ぶりに那覇へ行った。
9年という歳月が果たしてどれほどの時間の堆積なのか、僕にはよくわからないが、それでも久しぶりに見、感じた那覇の街は驚くほど変貌していた。
9年前、街はいかにも南国らしくのんびりとしていたが、建て込んだビルやマンションや商業施設はまるで本土の地方都市のようでもあった。ひとつの街が、たった9年でこれほど変わるものなのか、と目を疑わずにはいられなかった。
それぞれの地域には、それぞれの音風景がある。しかし、街という存在は、それぞれだったはずの音風景を見事に均質化してしまう。首里にあるお寺で、音のワークショップをやりながら、僕はずっと「那覇の音風景」ということについて考えていた。

果たして「那覇の音風景」とは何だろう。
僕はお寺の堂内に聞こえてくる街の騒音に耳を傾けながら、この街の騒音の背景に広がっているはずの海の音に思いを寄せる。沖縄の人たちが、生まれてからずっと、片時も休むことなく聴き続けてきたはずの、その海の音。
その音は、沖縄の人たちの無意識に刻み込まれ、彼らの精神の輪郭を象ってきたのではなかったか。
海の音。
絶えることのない潮騒と、海鳴り。
生暖かい海風に愛撫されてざわざわと音を立てる木々。その愉楽。
葉裏を見せてなまめく木たちよ。
白い道と、ゆるやかな丘たちよ。
そして、柔和に微笑む人たちよ。
静かな、生命の時間よ。
どうか忘れないでいてほしい。僕はワークショップをしながら、本当はそう言いたかったのだ。
あなたたちを、その生命の端緒からずっと包み込んできたその音を。
あなたたちのかけがえのない美しい精神を育ててきたその音を。
絶えることなく、ずっとあなたたちと一緒にいたその音を。
僕は本当にそう言いたかったのだ。余計なお世話かも知れないから、言わなかったけれど。
a0006822_0342022.jpg

さて、今週末は、愛知県豊山町でコンサートがあります。
今回のコンサートにはトークの時間もあります。『大地と神話』というタイトルで、お話する予定です。
もしよろしければ、お近くの方はぜひいらしてください。

3月4日(日)

長屋和哉トーク&ライブ『大地と神話』
時間:13:30開演
会場:豊山町社会教育センターホール
住所:豊山町大字豊場字和合72
料金:500円(全自由席)
出演:長屋和哉
予約・問い合わせ:0568-28-3739(白倉栄子まで)
主催:とよやま女性の会

アルバム情報もどうぞご覧ください。
http://www.ame-ambient.com/silent.html
a0006822_0343025.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-03-01 00:35 | ライブツアー