Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
鋼鉄のハート〜新年の御挨拶にかえて
あの映像はどこで見たのだろうか。12月の中旬から移動が多かったことがあって、どこかのホテルの一室でか、それとも実家でか、つい先月のことなのにそれすら記憶に残ってはいないが、僕は薄暗い部屋にいてテレビの映像を見つめていたのだった。
普段はテレビのない生活を送っているせいか、遠征に出るとよくテレビを見る。その時映し出されていたのは、福島原発の爆発と、当時の官房長官の記者会見の様子だった。それは年末の報道特集のようなプログラムだった。官房長官が、落ち着いた様子で現在の状況を説明している。それを見つめながら、僕は3月当時のことをまるでつい昨日のことのように思い出す。テレビがないため、その時僕はネットのUStreamの中継をずっと見つめていた。
その時の緊迫感が蘇ってきて、僕は息をひそめる。じっと息を殺して、映像に目を凝らす。
その時僕は、国外避難の可能性を、というか、その現実的な手段をもはや考えなくてはならないのだと、しんしんと切迫した緊張感のなかで覚悟し始めていた。その時の感触が、年末の報道特集を見つめながら、にわかに蘇ってきたのだった。
考えてみれば、これほど切迫した時間、社会的な事件と自分の生活とか緊密に絡み合い、これほど切迫した日々を過ごしたことは、これまでにあっただろうか。
自分たちの生活する大地と、生命と、愛する者たちが傷つき、脅かされたことが、かつてあっただろうか。
僕たちは、あの日を境に、一体どれほど多くのものを失ったのだろうか。
そして、なお、失い続けているのだろうか。

これをトラウマ(精神的外傷)とまで呼ぶことはできないだろう。しかし、報道特集の映像は、僕にあの時の感情をまざまざと呼び起こさせ、僕の現在に斧を振り下ろした。
もはや、あの日以前に戻ることはできないのだ、と思う。
あの日を境に、僕たちは失われた。
僕たちは、永遠に続くと思っていたことが、本当はまるで砂上の楼閣のように脆い、かりそめのものであることを知った。
しかし、それでも僕たちの生が続いてゆく時、僕たちはこれからどのように生きてゆけば良いのか。
そして僕たちは、新しい年を迎え、さらに新しい日々を生きようとしている。2012年には大きなカタストロフィと転換があると、たくさんのスピリチュアリストたちが教えてくれたが、むしろ目の前にあるのは、日々の奇蹟である。
多くのものが失われ、多くの生命と大地が脅威に晒されながらも、いま、それでも僕たちが在るのは、あるいは奇蹟と呼ぶべきものなのかも知れない、と思う。
どのように生きてゆけば良いのか。考えてみれば、まったく当たり前のこの問いかけが、僕には澄み切った白のように目の前に広がっている。

2012年。
それでも僕は新しい年を祝し、新しい日々を歓ぶ。
僕たちは、生き残ったのだ。そして、たくさんの方たちの生命が失われたのだ。亡くなられた方々のご冥福をいま、改めてお祈りし、その魂の行く末、航海の道を祈りたいと思う。どうか、どうか、彼らの魂が安らかでありますように。
そして、生き残った僕たちのハートが、じゅうぶんに強くありますように。
僕たちの生命と、僕たちの大地を脅かす脅威や欺瞞を目の前にした時、僕たちのハートが鋼鉄のように強くありますように。そして、その鋼鉄の盾で、僕たちの生命と大地を守りますように。
じゅうぶんに強く、強くなろうではないか。
龍のように。それとも、獅子のように。
そして、新しい日々を、迎えよう。
a0006822_123258.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-01-07 01:23 | etc