Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
パリライブ
20,21日は、2夜連続でパリでのコラボレーションライブだった。ダンサー竹ノ内淳志さん、音楽は僕と小宮広子さんというセットで、この春以来何度目かの公演だった。予算のことなどいろいろな制約のある中で、僕がパリで使った機材は写真のとおりで、小規模なセットを組み、エレキギターを弾いた。
お客様はとても暖かだった。たくさんの拍手をいただき、公演後はみなさんとたくさんお話をした。こういう時、ミュージシャンというのは本当に素晴らしい仕事だと実感する。
みなさん、どうもありがとうございました。
次の公演は、7月からのポーランドツアー。ミュージシャン小宮広子さんとのセットで、ポーランド4都市をまわることになっている。

ところで、パリに来てから話題の中心になるのは、やはり福島の原発事故のことである。
事故発生当初、フランスのメディアはこの事故を大きく取り上げたし、日本在住のフランス人たちの反応もとても早かった。しかし、ある時期を境に、このニュースはテレビでまったく取り上げられなくなってしまったのことだった。その背景には、フランスが世界有数の原発保有国であることがあり、ドイツやイタリアでの原発廃止決定に後押しされる形で、世論が反原発に傾くのを阻止するために、メディアへの規制がかかったのだと考える人は多い。おそらくそのとおりなのだろう。

ともあれ、パリでの公演はこれで終了した。渡仏してからずっと慌ただしい毎日だったが、今日から7月頭まではゆっくりできる。アパートで、書き仕事をするつもりである。
a0006822_2202279.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2011-06-23 22:00 | ライブツアー
パリ郊外にて
一昨日パリに到着し、昨日からこのパリ郊外の城のような場所に来ている。
昨秋にレコーディングで来て以来のことだから、あれから半年ちょっと。あの時は改修工事が始まったばかりで、まだ廃墟の面影が濃厚にすべてを支配していたが、今ではすっかり美しくモダンな姿となった。しかし、建物の外観はそのままだったり、主要なホールの階段もそのままにしてあり、その古びた廃墟の陰影がかえってとても印象的で美しい。歳月を経て崩壊してゆくものの中に美があり、その美をこうして取り出すことができるのは彼らの文化故なのだろうか。
今回の滞在は、昨秋レコーディングした音を最終的な曲にする作業のためで、この冬、僕はその準備としての編集をしていた。リリースはおそらくフランス国内のみになるだろうが、まだよくわからない。

この場所は木々に囲まれ、教会の鐘が鳴り響き、鳥たちが歌っている。僕は八ヶ岳でずっと木々や植物を植えたり、育てたりしているせいで、木々のことばかりが気になる。見たことのない木々、美しい葉の植物、花々。あれはなんという名だろう。時間が空くと、そんなことばかりを考えている。
木々が、揺れている。風が吹き抜けてゆく。
今日はこの城での2日め。制作はまだ数日かかる。スタジオを出ると、雨が降ったらしく、地面が濡れていた。
a0006822_2105621.jpg
a0006822_2112363.jpg
a0006822_2114759.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2011-06-18 02:12 | etc
祈りについて
震災の数日後に、庭に20株の花を植えたことは以前にも書いた。
それは僕が意識の上ではっきりと自覚しながらやった行為というよりは、むしろ突発的な衝動のように、無意識が動いて行なった行為だった。だから、花を植えるという行為が、いったい自分に何をもたらすのか、自分でもよくわかっていなかった。しかし、無意識はそれをすみずみまで知り尽くしていて、そして自分自身を動かしたのである。
花を植える行為。
それが僕にもたらしたものは、落ち着きのようなものだった。あるいは、覚悟のようなものだった。腹を決めた、と呼んでもいいかも知れない。いずれにしても、震災と放射能汚染の拡大によって日に日に逼迫し、焦燥し、不安で何も手につかない僕の精神状態は、花を植えるというただそれだけの行為によって、回復したのだった。そして、やがて来るべき自分の死から生を照らし返し、自分にとって本当に大切なものがいったい何なのかを、十全に、あっという間に、教えてくれた。
それほど、無意識の知は膨大で、深淵である。
精神の危機的状況が訪れた時、無意識はその活動を最大にして、僕たちの行動を導く。無意識に迷路はない。迷路を作り出すのは、ただ意識だけであり、無意識は海のように広がってゆくのである。

庭に花を植える行為は、まるで心理療法のようでもあった。
僕はその行為によって自分が安らいでいくことを知り、その後のおよそ3ヶ月間、時間が許す限り、庭や畑や田んぼの仕事をするようになった。大地を掘り、土を運び、草を刈り、枝を切る。ハーブを植え、野菜を植え、花を植え、水を注ぐ。そしてまた大地を掘り、土を運ぶ。聞こえてくるものは自分の吐息と、鳥の声だけとなり、陽光が肌を刺す。雑念が次から次へと生まれ、瞬く間に霧散する。身体が疲労で重たくなり、しかし、心はやがて清明になり、晴れやかになる。ふと、祈りという言葉を想う。これがもしかしたら、祈りというものなのかも知れない、と思う。

畑に植えたトマトはしっかり根付いた。種蒔きの小松菜も大きくなった。
そろそろ春の仕事は終わりである。僕は来週からヨーロッパへ行く。少し長めの滞在となる。
a0006822_0103312.jpg

a0006822_0104511.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2011-06-07 00:11 | etc
田植え
梅雨入りと台風が重なった先週末の静岡での2公演は、悪天候にも関わらず多くの方々がいらしてくださった。福島原発事故がいまだ終息の気配の見えないこの難しい状況の中、しかも悪天候が重なってどうなることかと心配していた。
いらしてくださった多くのお客様には、心からお礼を申し上げます。
3月の震災以降のおよそ3ヶ月間、僕たち音楽家がどれほどお客様方に支えられて存在しているかを、心から痛感しました。アルバムを聴いてくださったり、ライブにいらしてくださる方々によって、僕は生かされています。そんな当たり前のことに、今更ながら思い知らされました。
皆さまには、改めて感謝いたします。
どうもありがうございました。
僕は、2011年3月11日から、ゼロからの再スタートをしたつもりでやってきました。その気持ちは今でも変わりません。しっかりと生きていかなくてはなりません。
震災があってから、いろんなことを思い、考えました。もうちょっと落ち着いたら、それらについて少しずつ書き留めていきたいと思っています。その時は、ぜひまた拙文をどうかお読みください。
a0006822_22172914.jpg

さて、静岡公演の数日前は田植えだった。
今年は代掻きがわりとうまくいったようで、去年に比べると苗が水に浮くことも少なく、ほとんどがしっかりと泥に立ち上がってくれた。これから1ヶ月くらいは、田に張った水の水位をシビアに管理する時期である。雑草はもうちょっと先。
思いの他、早い梅雨入りだったが、苗が逞しく育ってくれるといいなと思う。
自分たちで作るお米は、モミで保管することによって乾燥を防ぐことや、農薬の心配のないこと、新米をいつでも食べられること等々の理由により、食生活の基本を支える大きな土台になることができる。
[PR]
by rhyme_naaga | 2011-06-01 22:18 | etc