Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
季節の美、そして動物たち
田を起こして水を引き入れた後、代掻きという作業をする。
代掻きは、水をたたえた地面を平らに均して、苗がしっかりと根付くようにするための作業である。田起こしと同様、これも3年めともなれば、作業はスムーズに淡々と進む。男3人で午前中にすべてが終わってしまった。
代掻きが終わった田は、まるで鏡のような水面が広がり、それが青空と八ヶ岳を映して、美しい。5月のこの季節は、あたりの水田がすべて空を映し、風が水面を渡ってさざ波を立てる。その一方で、麦は穂を撓ませ、風に揺られ、ほどなく黄金色に輝く時を控えている。
美しい季節。
震災以降、季節の美しさがまるでいっそうその美を輝かせるように目に映えるのは、僕だけのことだろうか。この季節と、この大地がかけがえのないものだということが、まるで胸底の泉からこんこんと湧き出る歓びのような思いとともに確信できるのは、果たして僕だけのことだろうか。
これほどかけがえのないものが、これほど身近にあったなんて、一体どうして僕はこの3月まで気がつかなかったのだろうか。
風も、光も、水も、こんな美しいのに。
a0006822_1495555.jpg

ところで、政府が福島の警戒区域内に残された家畜の殺処分の決定を発表し、既に殺処分も始まったようである。すでに多くの動物たちが餓死しているが、まだ残された動物たちも現地にいて、餓えながら救いの手を求めている。
政府の決定に反対する団体やHPなどもあって、署名もできるし、現状を知ることもできる。人間の世界の事故によって、なぜ動物たちが殺されなければならないのか。
もしよかったら、以下のサイトをご覧ください。署名も行なっています。

http://freepets.jp/

牛や豚や鶏たちだけでなく、犬や猫たちも惨い目に晒されている。僕自身が犬や猫たちと暮らしているから、とても他人事のようには思えない。うちの犬や猫たちがあんな目に遭っていると想像しただけで、胸が裂けそうになる。
a0006822_150923.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2011-05-22 01:53 | etc
田んぼがスタート
仲間たちと田んぼを始めて、3年めの季節が始まった。
その最初の作業が、田起こし。昨秋の収穫から半年以上も眠り続けていた土地をほぐし、土に空気を入れて柔らかくする。
およそ1反(300坪)の田んぼで、夫婦3組の1年分のお米と田んぼの大家さんの分が収穫できる。とても美味しいお米である。
昨年は夏の猛暑のせいか、少しお米の粒が小さかった。いずれにせよ天候に左右されるのは当然の成り行きだが、今年も美味しいお米ができますようにと願うばかりである。
それにしても、やはり3年めともなれば、手際も格段に良くなった。
a0006822_0354677.jpg

そして今日、田んぼに水を引き込んだ。
栄養をたっぷりと含んだ土に、水が行き渡ってゆく。
しかし、雨が多く、このまま水を引き込むと、水位の調整が難しいと判断し、途中で水を止めた。改めて本格的に水を引き込むのは、雨がやんでからということになった。
水が行き渡るのを眺めると、いよいよ田んぼが始まるなあ、と思う。
季節は、巡るのである。
a0006822_036327.jpg

今週末は、兵庫県伊丹市で演奏がある。
もしよろしかったら、どうかいらしてください。
http://www.ame-ambient.com/live.html#0515
[PR]
by rhyme_naaga | 2011-05-13 00:38 | etc
焚き火ライブ&リトリート in 八ヶ岳(5月21、22日)が中止になりました
残念なお知らせです。
5月21,22日に開催が予定されていました「焚き火ライブ&リトリート in 八ヶ岳」が中止となってしまいました。
今回は、キャンセルされる方が大変多く、希望を参加される方も少なく、このままではイベントを維持できないためのこうした判断となりました。東日本大震災の影響がやはりとても大きかったようです。
大変残念な結果になってしまい、すでに参加予定にされていらした方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当に、どうもすみませんでした。
またチャンスをみて、屋外での焚き火ライブを実現したいと思っておりますので、皆さま、これに懲りずにぜひともご参加いただけるよう何卒よろしくお願いいたします。
改めてお詫び申し上げます。

長屋和哉

a0006822_21413321.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2011-05-08 21:45 | ライブツアー
『うつほ』がダウンロード販売により、世界リリースとなりました
ベルリンに拠点を置くエレクトリックミュージックのレーベル「Minus」から、僕のファーストアルバム「うつほ」がリリースされました。現在のところ、ダウンロードのみでの販売となりますが、全世界での配信となります。
日本では、Beat Portでの販売が予定されています。

Minusは昨夜、日本支援のイベント「Minus Hearts Japan」を東京渋谷で行ないましたが、今回の「うつほ」のリリースはその関連として、ダウンロード売上の一部が日本支援に遣われることになっています。

Minusは、エレクトリックミュージックの最重要アーティストの一人であるRichie Hawtin主宰のレーベルです。今回のリリースにあたり、彼がプレスリリースに文章を寄せてくれています。

A few years ago while in Tokyo I found myself in a small Japanese arts and crafts store. After looking around for twenty minutes or so I started to realize that a soft and almost imperceivable rhythm of bells and gongs had been playing in the background. The subtle vibrations of tones had taken over my subconscious and reverberated in my head and transfixed my attention. This experience led me to the work of Kazuya Nagaya whose delicate use of sonic landscapes remind me of the more quiet moments of Consumed. With the MINUS HEARTS JAPAN event happening this week it was the perfect opportunity to bring more attention to Kazuya's beautiful work and strengthen Minus's commitment to Japanese culture. We are delighted to have been able to quickly turn around the release of this album in time for it to coincide with the night.

- Richie Hawtin

MinusのHPは、以下をご覧ください。
http://m-nus.com/index.pl

a0006822_154848.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2011-05-05 01:58 | etc
Minus Hearts Japan
イベントのご案内です。
かねてから親交のあるミュージシャン、Richie Hawtin(Plastikman)と彼のレーベルMinusのミュージシャンたちが、今日の夜(5月4日)、日本への継続的なサポートを訴えかけるイベント『Minus Hearts Japan』を行ないます。
テクノのパーティです。詳細は、以下をご覧ください。
http://www.womb.co.jp/#/womb/2011/05/04/minus-hearts-japan.html

急なお知らせですが、もしご興味のある方はぜひおいでください。
彼のHPは、以下をご覧ください。
http://m-nus.com/index.pl
a0006822_1473023.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2011-05-04 01:47 | etc