Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
水の中の生
このところ慌ただしい日々が続いていて、なかなかDiaryも更新できずにいた。忙しくしていると、あっという間に時が過ぎてゆく。いつしか梅雨も終わり、そろそろ7月も去ってゆこうとしている。そうして、もうすぐ8月がやってくる。
子供の頃から、夏は毎日のように泳いでいた。大人になってもその習性が抜けないせいで、7月下旬は必ずどこかへ泳ぎに出かける習慣があるのだが、今年に限っては、それもまだ叶わない。僕の心は、しかし、水へ向かっている。水に潜り、水に巻かれたいと思う。坂口安吾の小説ではないけれど、そう思う。
水に潜り、深い川底すれすれを川の流れにまかせて泳いでゆく時、何か得体の知れないような解放感か、それとも深い満足が、僕の心身を一気に浸す。水に潜っていられる時間なんて、僕たちの生の時間の長さからすれば、取るに足らないほど短いものだが、しかし、なぜその時間が僕を深い満足へ導くのだろうか。なぜ、水の中へ行きたいと願うのだろうか。
なぜ、僕たちは水の中で生きないのだろうか。

さて、それにしても、暑い日々が続いている。
皆さま、暑中お見舞い申し上げます。どうか、くれぐれもご自愛くださいますよう。
心から。

ライブ情報をどうかご覧ください。
http://www.ame-ambient.com/live.html
a0006822_2319568.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2010-07-27 23:20 | etc
summertime
梅雨らしい天気が続いている。犬の散歩でよく行く道は、標高1,400メートルを超えた場所にあるため、山麓が晴れていても、肌寒い雨が降っていたりする。
緑がこんもりと茂り、鬱蒼としてきた。水は豊かに流れ、砂防ダムの斜面を音を立てて流れている。
7月。夏。
a0006822_22442699.jpg

夏になれば、暮らしは変わる
魚たちは川から跳ねて、コットンはすくすく伸びるから
おまえのお父さんはお金持ちで、お母さんはすごく美人なんだよ
だから、いいかい、もう泣くんじゃないよ

ある朝、おまえは起き上がって、歌うんだ
そして、羽を広げて、空に飛び立つんだ
その朝まで、何もおまえを傷つけはしない
お父さんとお母さんが、そばにいるからね。

だから、泣くんじゃないよ
泣くんじゃない


これは1930年代にジョージ・ガーシュウィンによって、オペラのために作曲された素晴らしい曲、「summertime」。ジョン・コルトレーンの演奏や、ジャニス・ジョップリンのカバーなどはあまりにも有名で、かつ、珠玉である。あるいは僕の世代では、ロンドン・スカから派生したFun Boy Threeというバンドのカバーがとても素晴らしかった。
かつてのアメリカ南部で、厳しい暮らしを強いられた黒人たちの、日々の吐息のような曲。
今でも聴き続けている。

ライブ情報をどうかご覧ください。
http://www.ame-ambient.com/live.html
a0006822_22444997.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2010-07-02 22:45 | etc