Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
やすらぎと恐怖と
僕が暮らしている八ヶ岳南麓には別荘地がたくさんあり、昔ながらの集落もあり、森もたくさんあるからだろうが、捨てられる犬が本当に多い。
これは最近聞いた話だが、成年のゴールデンレトリバーが捨てられ、役場で保護され、殺処分にされるところだった。それを地元でボランティア活動されている方が、役場に頼み込んでなんとか殺処分される期限を待ってもらい、飼ってくれる里親募集のチラシを作って、図書館やコンビニに配ってまわった。
チラシを見てみると、とても可愛い犬だった。
殺処分、なんて、本当にいたたまれない。一体飼い主にどんな事情があったのかは知らないが、少なくとも、そんなふうに命を捨てるなんて、決して許されることではない。
それから数日、殺処分の期限をとっくに過ぎた頃、八ヶ岳南麓一体のコンビニや図書館に貼られたチラシを見て良心が傷んだのか、その犬を捨てた当の飼い主が現れて、ひきとっていったそうである。
それにしても、頭が下がるのは、こうして殺処分の延長を「絶対に新しい飼い主を捜すから」と言って、役場に頼み込み、実際に動きまわったボランティアの方の思いである。
すごい方である。心より敬服する。
a0006822_12143117.jpg

犬も猫も、もちろん身体という物理的な生命からできているが、その物理的な生命には、人間と同じように、気持ちがたくさん詰まっている。心が詰まっている。
その心は外の世界との関わりで、時にやすらぎを感じ、時に恐怖を感じる。そして僕たち人間は、いとも容易くその心に恐怖を与えることができる。本当に簡単に、それができる。
僕たちは彼らにとって絶対的な強者として存在し、振る舞い、彼らを年間何十万頭も殺戮し続けている。
僕たちは、年間何十万もの心を、恐怖で満たし、潰しているのだ。毎年、毎年。それはなんと、いたたまれない、酷いことだろうか。
心があるのに。気持ちがあるのに。
a0006822_12151390.jpg

ライブ情報をどうかご覧ください。
http://www.ame-ambient.com/live.html
[PR]
by rhyme_naaga | 2010-05-23 12:16 | etc
趣味は鹿遊び
写真を整理していたら、うちのいちばん年下の犬がまだ仔犬だった頃の写真が出てきた。
この頃、この仔はまだ野良君で、毛もぼさぼさ。いつも怯えていて、兄弟犬にいじめられていて、埃だらけで、でもとても可愛かった。今でも可愛いけれど、やはり仔犬の可愛さは格別である。
その仔犬も今ではすでに4歳半。趣味は鹿を追いかけること。
a0006822_23342372.jpg

今月末は、再びBOKUNEN`S にてイベントがあります。もしよろしかったら、ぜひいらしてください。
http://www.ame-ambient.com/live.html
a0006822_23345075.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2010-05-13 23:36 | ライブツアー
美しきは翠
森の中にある砂防ダム。
普段はそれほど水量もないのだが、雪解けや雨が降ると、一気に水かさが増して、砂防ダムの端に立つ木々の根元が水没する。前回の「サクリファイス」に続いてアンドレイ・タルコフスキーのことになるが、そうして水没した木々は、またしてもタルコフスキーの映画を思い起こさせる。
水没した木々を写真に撮りたくて、犬の散歩の時は時々カメラを持ち歩いているのだが、カメラを持っていない時に限って、水没していたりする。なので、今回ようやく撮れたのであった。
a0006822_2328487.jpg

水はあらゆるものを流し去り
記憶は水底で色彩を失う
水はいつしか川となって
僕たちの足もとを流れ
やがて
僕たちを流し去る

美しきは深き水の翠
永遠の下流は
いつか北をめぐり
永遠に降る雪をたたえて
なお翠であるだろうか

僕たちの失語
僕たちの沈黙
さらに遠く
川は流れ去り
郷愁は水底で碧ざめるのだ

おお
さらに遠く

さらに遠く


穏やかな春の夕。犬が駆けてゆく。風は緩く、五月。
a0006822_23291975.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2010-05-05 23:37 | etc