Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
捻挫
前回のブログにも書いたように、ひどい捻挫をやってしまい、これは完治するのに1週間くらいかかるんじゃないかと思っていたら、そんな見込みは全然甘かった。
1週間経っても、ろくに足を地につけることができず、腫れも引かないままだった。それで、たどたどしいながらもようやく歩けるようになったのが2週間弱の頃。で、ここ数日で、とても遅くはあるけれど、歩く感じを思い出しているのである。
こんなひどい捻挫は初めてだった。
まあ、しかし、治りそうでほっとしているところである。
a0006822_1323598.jpg

やはり前回に書いたように、ろくに動けないためにじっとしているしかないので、好きな映画をじっくり観ることができたのは怪我の功名かも知れない。それから、久しぶりにまとめて小説を何冊か読んだ(そういえば、こないだのハワイでのまとめて本を読んだから、久しぶりでもないか)。一日は、そうしてあっという間に過ぎていった。一年も、あっという間に過ぎていった。あとわずか数日で、今年も終わるなあ。
a0006822_1325327.jpg

こちらのアルバムのご案内も、どうぞご覧ください。
タイトルは、『光の響き』。
http://www.ame-ambient.com/harmonic.html
その美しい響きを、どうかお聴きください。
[PR]
by rhyme_naaga | 2009-12-30 01:33 | etc
アンゲロプロスが好きな猫
ある作業をしていた時に、ちょっとした油断で足をねん挫してしまい、それ以来、数日ろくに歩けない状態が続いている。
色々とやりたいことがあり、やらねばならないこともあり、それでもじっとしている他になす術がないというのはストレスだが、それも仕方がない。
と、諦めて本を読んだり映画を観たりしているのだが、こんな時にこそ、じっくり落ち着いて観たい映画があった。
しばらく前に買っておいたテオ・アンゲロプロス監督のDVD3巻のボックスセット。ギリシアの映画監督である彼の最高傑作といわれる『旅芸人の記録』が、その中に収録されている。
4時間近いこの映画を観るのは、ずいぶん久しぶりのことである。
a0006822_14201630.jpg

ギリシア現代史における、ドイツ・ナチによる侵略前夜から第二次世界大戦後の軍事政権誕生前夜までの激動の時代を、ひとつの旅芸人一座の変転を軸に描いている。
静かな、あまりにも深い静けさの中で進行してゆく時間は、圧政による殺戮や裏切りや銃撃によって、ところどころに深い楔を打たれ、その楔に、川の流れにも似た時間から漂流してきた物事が、からみとられ、いつしかそれが澱となって堆積してゆく。
しかし、あくまでも変転する事物にこそ焦点を絞られた作家の視点は、登場人物たちの内面を叙情的に描くことを避け、そのため、登場人物たちはろくに名前を与えられることもなく、感情を吐露するクローズアップショットを撮られることもなく、ただ、事物の変転のうちにうつろってゆく。
叙事詩。
そして、この現代史を通じて貫かれる、圧政に抵抗するゲリラたち。マルクスの肖像が、政府による拷問によって精神を破綻させてしまった旅芸人の一人の虚ろな部屋の壁に、ぽつんと貼られている。国家コミュニズムが、いまだ夢を持って語られ、行動されていた時代である。
このゲリラたちへの共感!
敗れ去ってしまったゲリラたちよ! ゲリラたちよ!

アンゲロプロスは謳わない。そして、語らない。
しかし僕はこの映画に、ギリシア現代史を通じて自由を獲得しようと闘争してきたゲリラたちへの、作家の共感をなぜか感じるのである(若い頃観た時にはそんなことは思わなかったけれど)。

素晴らしい映画。
ところで、プロジェクターで映画を観ていると、うちの猫はいつもすぐ近くで寝転がっているのだが、アンゲロプロスの映画を、彼は僕と一緒にじっと見つめていた。アンゲロプロス、気に入った? ミント君?
a0006822_14214299.jpg

こちらのアルバムのご案内も、どうぞご覧ください。
タイトルは、『光の響き』。
http://www.ame-ambient.com/harmonic.html
その美しい響きを、どうかお聴きください。
[PR]
by rhyme_naaga | 2009-12-18 14:24 | etc
土を作る
細かく刻んだワラを地面に撒き、腐熟促進剤で土中での微生物の繁殖を促す。そうして、いよいよトラクターで耕耘するのである。微生物の繁殖が豊かになればなるほど、ワラは完全に土の一部となって、植物の生育を助ける。山の赤土を園芸に向いた土壌に変えるのである。
トラクターでの耕耘は午前中か、遅くとも午後イチには終わると思っていたのだが、結局夕方日の暮れる頃までたっぷりかかった。ああ、疲れた。
a0006822_2363065.jpg

写真は、ワラを鋤き込んだ土。たっぷりと空気を含み、膨らんでいる。
こうして春まで、熟するのを待つのである。
a0006822_2364882.jpg

こちらのアルバムのご案内も、どうぞご覧ください。
タイトルは、『光の響き』。
http://www.ame-ambient.com/harmonic.html
その美しい響きを、どうかお聴きください。
[PR]
by rhyme_naaga | 2009-12-12 23:08 | etc
そろそろ庭作り
何はともあれ屋内が一段落ついたので、ようやく庭にとりかかった。
春から秋にかけての長いあいだ、ずっと茂りほうだいだった雑草を刈り、石や枝などをどかす。来年から菜園にする部分を決め、再来年から菜園にする部分と分けて、まずは土作りにとりかかる。
今ある土は、赤い山土なので、これを栄養も空気もたっぷりと含んだ黒い土にしなければならない。
そのために、まず稲刈りをして出来たワラを細かく切り刻んで地面に撒き、微生物や窒素分などと混ぜて、トラクターでかき回す。そうして春まで放っておくのである。
トラクターは、まだ数日先の作業。
今日明日くらいで、ワラを敷き、トラクターを入れる準備をする。
いよいよ寒くなってきた。そして日も短いから、夏のように作業は進まない。
a0006822_23304590.jpg

写真は、うちのいちばん年長の黒ラブ君。
作業が終わって、記念撮影。枯れ草の上は気持ちいい?
a0006822_2331457.jpg

こちらのアルバムのご案内も、どうぞご覧ください。
タイトルは、『光の響き』。
http://www.ame-ambient.com/harmonic.html
その美しい響きを、どうかお聴きください。
[PR]
by rhyme_naaga | 2009-12-06 23:32 | etc