Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
HPがマイナーチェンジ
HP上でスライドショーされている写真が追加&変更されました。
http://www.ame-ambient.com/j_index.html
写真10枚セットのスライドショーが、全部で4セットあります。そのうち、20枚弱があたらしく追加されたものです。
もしよかったら、どうかお楽しみください。
a0006822_12185055.jpg

写真は、学生の頃からとても好きで、よく撮っていた。モノクロの暗室作業もやった。
かつては35ミリや6×6のカメラを何台か持っていたが、人にあげたり紛失したりしているうちに、今では大学時代の恩師の形見のようなニコンの古いカメラがたったひとつあるきりになってしまった。
しかし、このカメラも壊れていて、いつか修理に出さなければならないのだが、確かこのカメラは、若い頃カナダに長期滞在していた時にも壊れている。もう直らないかも知れないなあ。
a0006822_12191318.jpg

好きな写真家は、たくさんいる。
しかし何といっても特別な存在は、ロバート・フランクである。
やはり若い頃、ロバート・フランクの写真展に行ったことがあるが、あの時に見たモノクロ写真群は決して忘れない。あの美しさは、一体どこから来ていたのか。
そして、彼がアメリカに渡って最初に旅をした時の写真集『The Americans』を、僕は一体何度めくったことか。
ロバート・フランクは僕の憧れであり、偶然、僕の大切な友人(拙書『すべての美しい闇のために』収録のエッセイ「光の川にたどり着くまで」に書いた)の心の支えでもある。
a0006822_12193520.jpg

こちらのアルバムのご案内も、どうぞご覧ください。
タイトルは、『光の響き』。
http://www.ame-ambient.com/harmonic.html
その美しい響きを、どうかお聴きください。
[PR]
by rhyme_naaga | 2009-10-30 12:21 | etc
精米したてのご飯
脱穀してすぐに精米したかったのだが、時間が取れず、なかなかコイン精米所に行くことができなかった。
しかし昨夜、ようやく行ってきたのである。
都会にはコイン精米所なんてないので(確か、なかったですよね)、知らない人も多いかも知れないが、要するに、自動精米機である。お金を投入し、籾、あるいは玄米を投入すると、それがきれいな白米になって出てくるのである。
で、出てきたお米が、この写真。
家に帰り、早速炊いた。
で、食べた。
a0006822_23393682.jpg

うまいっ。真剣に、凄まじく、美味い。
新米の精米したては、こんなに美味しいのかと驚いた。まあ、自分の作ったお米ということもあるに違いないけど。
香りも味も濃厚で、おかずが何もいらないくらいだった。
a0006822_2340678.jpg

たくさんの人が、こんなお米を食べられるようになったらいいなと思う。東京のような大きな都市では難しいかも知れないが、仕事をしながらお米も同時に作ることができるような環境作りができたら素晴らしいと思う。
何しろ、美味しいから。

ニューアルバムがリリースされました。
タイトルは、『光の響き』。
http://www.ame-ambient.com/harmonic.html
その美しい響きを、どうかお聴きください。
[PR]
by rhyme_naaga | 2009-10-27 23:40 | etc
脱穀
稲刈りした稲を天日で約10日ほど乾燥させた後、稲から籾を取る脱穀をする。
脱穀には、ハーヴェスタという農業機械をお借りした。束ねた稲をその機械に通すと、籾が取れて、袋に入ってゆく。
今回のメンバーは5人。朝から始めて、お昼過ぎには終わるのではないかと予想していたが、そんな甘い見込みは通用しなかった。機械のメンテも含めて、夕闇の頃までたっぷりかかったのであった。
a0006822_2130620.jpg

前回のブログでも書いたように、田んぼの広さは1反強。これでどれくらいの収量があるのか興味津々だった。
田んぼの地主さんにお聞きした感じでは、9俵から10俵ほどできるのではないか、というのが我々の当初の予想だった。つまり、600kgくらい。
籾の状態から、精米して食べられる状態にすると、その重さはおよそ2/3くらいに減る。なので、脱穀をして、籾の袋を計算すれば、収量がわかるというわけだ。
a0006822_21303015.jpg

で、結局、取れた籾は20袋だった。
つまり、お米にして14袋から15袋。1袋が30kgだから、450kgくらいという計算になる。
地元の人に聞いてみると、今年はどこの田も収穫が少ないらしかった。天候のせいだという。
まあ、しかし、初体験の年にしては上出来ではないか。素晴らしい。
さて今度は、この籾を精米して、いよいよご飯にするのである。楽しみ!
a0006822_21312016.jpg

ニューアルバムがリリースされました。
タイトルは、『光の響き』。
http://www.ame-ambient.com/harmonic.html
その美しい響きを、どうかお聴きください。
[PR]
by rhyme_naaga | 2009-10-24 21:32 | etc
稲刈り&New Album
先週の12日、人生初の稲刈りをしたのであった。
およそ300坪強の広さの田の稲刈りに、大人総勢6名がとりかかって、朝から夕方までたっぷりかかった。
1名が手押しの稲刈り機を使って稲を刈り(僕が担当)、残りの5名が刈った稲を集め、乾燥用のスタンドを作り、そこに稲を干してゆく。どの作業も、足腰に負担のかかる重労働である。
a0006822_12165243.jpg

a0006822_12173480.jpg

途中、稲刈り機の不調もあって多少ごたごたもあったが、涼やかな秋の蒼空の下、女性たちが作ってくれたお弁当も素晴らしく美味しく、とても充実した一日を過ごした。
稲刈りの次には、稲をしばらく天日で乾燥させた後、脱穀という作業が控えているが、いずれにしても、お米を作るという作業がこれほど素敵なものだとは思ってもみなかった。脱穀は、天候さえよければ明日やる予定でいるが、それが終わっていよいよお米を食べることができる。
精米したてのお米は、きっと美味しいだろうなあ。
a0006822_12182741.jpg

それから、ニュ−アルバムのお知らせ。
チベットの家具やタンカやシンギングボウル等を専門的に扱うアートギャラリー「ノルブリンカ」とのコラボレーションによる、新しいアルバム『光の響き』である。
http://www.ame-ambient.com/harmonic.html
チベットのシンギングボウルのアルバムである。
その美しい響きを、どうか聴いてください。
a0006822_1219164.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2009-10-20 12:19 | etc
New Album 『光の響き』Out Now
チベットの家具やタンカやシンギングボウル等を専門的に扱うアートギャラリー「ノルブリンカ」とのコラボレーションにより、新しいアルバムが完成しました。
タイトルは、『光の響き』。
60分全3曲(すべて20分の長さ)で構成されているこのアルバム全編で、「ノルブリンカ」にて取り扱っているシンギングボウルを演奏しています。
重低音を奏でるスーパーサイズのシンギングボウルや、おりんのような小さなシンギングボウルまで、様々なシンギングボウルを僕が選び、八ヶ岳で演奏/収録し、その後、時間をかけて丁寧にトリートメントしました。
とても、美しい音に仕上がりました。
a0006822_0242911.jpg

詳細は、
http://www.ame-ambient.com/harmonic.html
をご覧ください。
前作『イリュミナシオン/冥王星』をリリースしたのは2006年の1月だったから、あれから約5年くらいぶりの新しい作品、ということになる。
5年もアルバムを発表しなかったのは初めてのことだ。
しかしその間、何も作っていなかったかといえば、そんなことは決してなくて、じつはずっと作り続けていたのである。ただ、諸事情があって、どうしてもアルバムという形にできなかったのだ。
その5年の間に、いろんなことがあった。これまでの人生で経験したことのなかった事柄が、本当にたくさん押し寄せてきた。しかし、何はともあれ僕はこうして無事に生き残り、新しい家まで建て、稲刈りも済ませ、5年ぶりのアルバムまで発表できたわけである。生きていると、いいことがある。

このアルバムは3曲構成で、すべてシンギングボウルによって作られてはいるが、ただ単に、演奏を収録しているだけではない。演奏した素材を、じっくり時間をかけて素晴らしい楽曲にしている、と思う(自画自賛)。前作『イリュミナシオン/冥王星』からの5年間で、僕はしっかりと腕に磨きをかけてきたつもりだ。
だから、どうか聴いてみてください。
a0006822_0251123.jpg

そう、稲刈りもしたのであった。
今度、ちゃんとご報告しますね。
[PR]
by rhyme_naaga | 2009-10-16 00:25 | etc
鴨川ライブ
台風の雨のため、稲刈りは中止となった。
陽射しが入らない部屋は寒く、今日はこの秋初めて、ストーブを焚いたのであった。もうあと二、三週間もすれば晩秋。紅葉の美しい季節を迎える。
このところ、週末はどこかで必ず演奏をしている。今週末は、千葉県鴨川市の山中にある隠れ家のような素敵なスペースでの演奏&ライブペインティングと、ワークショップのプログラムが予定されている。
鴨川市は、首都圏からの移住者も多い魅力あふれる里山である。海もあるのどかな場所で、冬がとても厳しい八ヶ岳とは比較ならないくらい温暖な地域である。
都内からのアクセスも良いから、田舎での暮らしを考えていらっしゃる方は、鴨川の様子を下見に来がてらでも、イベントにいらしてください。
詳細は、
http://www.ame-ambient.com/live.html#1011
をご覧ください。
a0006822_23425423.jpg

台風の被害が出ないことを願って。
a0006822_23432264.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2009-10-07 23:44 | ライブツアー
秋雨
八ヶ岳に戻って来てから、ずっと秋雨である。森を背景にして、まるで薄いカーテンのように降りしきる雨が美しい。
来週、もし雨が数日のあいだ止めば、うちの田は稲刈りである。今からとても楽しみなのだが、果たして晴れるのかどうか。
a0006822_0125949.jpg

田といえば、八ヶ岳の友人で他にも田を始めたい、という人がいて、ここしばらく田を貸してくださる地主さんを探していたのだが、先日、貸してくださるという方が現れた。
これで、来年からは倍増、2反、となる。まあ、一緒にやる友人も増えるわけだし、負担はむしろ減る方向である。また楽しみながら、お米が作れたら素晴らしい。
a0006822_0132093.jpg

季節の変わり目。皆様、どうかご自愛くださいませ。
[PR]
by rhyme_naaga | 2009-10-03 00:14 | etc