Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「ディオニュソスをめぐって」についてのお知らせ vol.2
昨日(8/27日)、このDairyでお伝えさせていただいた「焚き火ライブ&トーク〜ディオニュソスをめぐって(9/6日、7日)」の空き状況のことなのですが、おかげさまで本日(8/28日)満了となりました。
ご予約くださった方々、本当にどうもありがとうございます。また、残念ながら今回はいらっしゃることができなかった方々、ぜひ次回はいらしてくださいね! 八ヶ岳の縄文の聖地でお会いしましょう!

それから、今回の「ディオニュソス」にご予約くださった方のなかで、ame-ambientからの返信メールをおそらくご覧になっていらっしゃらないと思われる方がいらっしゃいます。私どもの勝手な想像で恐縮なのですが、ame-ambientからの返信メールがおそらく迷惑メールボックスにソートされ、処理されてしまっているのではないかと思います。
ame-ambientからは何度かにわたって返信メールをお出ししているのですが、いまだお返事がありません。もしお心あたりのある方で、このDairyをご覧になりましたら、改めて

info@ame-ambient.com

まで御連絡いただけますでしょうか? その際、お電話番号か、あるいは携帯電話のメールアドレスをいただけると幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

どうもありがとうございます。
ではでは!
[PR]
by rhyme_naaga | 2008-08-28 22:11 | ライブツアー
ディオニュソスをめぐって
今年は涼しくなるのがずいぶん早く、もう蜻蛉がたくさん舞う時期になりました。毎年夏になると、急かされるように川や海へ泳ぎに行くのですが、今年はほとんど行くこともできず、それだけが心残りです。もう秋かと思うと、なんだか寂しいですね。

a0006822_14237.jpg


さて、再来週末の9月6日〜7日には、八ヶ岳での焚き火ライブ&トークイベント「ディオニュソスをめぐって」が催されますが、おかげさまでそろそろ定員がいっぱいになってまいりました。現在(8/27日)、もうあと若干名のみの空きという状況です。
もし、参加されるかどうかお悩みの方がまだいらっしゃいましたら、どうかお気軽にお問合せくださいね。そして、もし可能でしたら、なるべくお早めにお問合せくださると助かります。
ライブ&トークイベント「ディオニュソスをめぐって」の詳細は、

http://www.ame-ambient.com/archives/dyonysos4.htm

お問合せは、

info@ame-ambient.com

までe-mailにてご連絡ください。
どうもありがとうございます。何卒よろしくお願いいたします。
皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。
[PR]
by rhyme_naaga | 2008-08-27 14:14 | ライブツアー
ライブ情報など
ライブ情報を更新しました。
9月27日(土)東京都三鷹市での演奏の詳細と、11月2日(日)静岡県袋井市でのライブの詳細です。どうぞご覧ください。
http://www.ame-ambient.com/live/index.htm

a0006822_1123462.jpg


うちの仔猫は、みるみる大きくなってゆく。誕生日がたぶん7月4日前後だろうから、もうすぐ2ヶ月。ご飯もちゃんと自分で食べるようになったし、トイレもちゃんとできるようになった。
それまでは、仔猫のおしっことうん○の世話を、うちのいちばん若い犬の安吾君がやってくれていた。お尻を舐めてくれていたのだ。安吾はオスだし、しかも犬だから、そんなことをしてくれようとは夢にも思わなかったが、彼らの賢明さと優しさには心から敬服する。素敵なことだと思う。
ともあれ、そんなこともあって、仔猫が犬離れをして、一人でトイレをできるようになるかどうか、とても心配をしていた。
知り合いが猫用トイレをくださり、僕は猫砂を買ってそのトイレに敷いた。
そして、果たしてここが自分のトイレなのだと判断できるようになるまでどのくらいの時間がかかるだろうか、といぶかりながら仔猫をトイレの砂の上に置くと、なんと、仔猫はすぐに前脚で砂を掘り、おしっこをしたのである。
大したものだなあ、と感心しながら、仔猫のトイレの様子をずっと眺めていた。



仔猫は、安吾君が大好き。いつもちょっかいを出している。

今日は暑いから、遊ぶのなしやで   兄ちゃん、えらい立派な歯ァしとるやないか
a0006822_054094.jpg


歯をひっぱるなっちゅうの!       うらうら、かかってこんかい! 
a0006822_0545377.jpg



どりゃあ〜!!           うりゃああ!!
a0006822_0563022.jpg



[PR]
by rhyme_naaga | 2008-08-23 01:03 | ライブツアー
小さな命の力&ライブ情報
仔猫と一緒に暮らすようになってから、1ヶ月が過ぎた。
以前にも書いたが、僕の連れ合いがその仔猫を拾った時、仔猫は産まれてからわずか2,3日しか経っていなかった。左後ろ脚をカラスに突つかれ、致命的なダメージを負っていた。かかりつけの獣医さんに診てもらうと、彼は即座に、
「いやあ、これはもうきっと助からないよ。今晩から明日にかけてがヤマだけれどね、でも、おそらく助からない」
と言った。
確かに、左後ろ脚の怪我はとてもひどかった。皮膚は大きく裂け、骨は膝から下が外に飛び出していた。膝の関節が完全に破壊されていたのだ。
「もし、助かったとしても、この左脚は近い将来、切り落とさないといけない。いずれ腐ってくるし、ほら、膝が完全になくなっているでしょ?」彼は言った。「ただねえ、まだこれほど小さいと、麻酔が使えないんだよね。脚を切断する時のショックで、もし万が一助かったとしても、さらにまた、命が危険に晒されることになる」

a0006822_0273916.jpg

それでも、ともかく、なんとかしてほしい。助けてほしい。死なせるわけにはいかない。脚が3本だって構わない。とにかく生きてさえいれば、それでいい。
僕たちはそう思い、獣医さんは、
「まあ、ともあれ、皮膚だけは縫合しておくからね。脚の骨は皮膚の中にとりあえず収めておいて、もし助かったら、いずれ切断しましょう」
と言って、縫い合わせてくれた。
仔猫は痛みのせいか、ひどく鳴いている。体重を計ると、およそ110グラム。片手にすっぽりと収まってしまうほどである。
その日から約10日間は、仔猫を死なすまいとろくに睡眠も取らないまま面倒を看た。眠っている間に死んでしまうんじゃないかと思い、気が気でなかった。
しかし、仔猫は死なず、それどころか、どんどん成長していった。わずか110グラムだった体重はやがて500グラムを超え、今では600グラムになった。
そして、奇跡のようなことが起こった。

a0006822_0182396.jpg


関節が完全に破壊され、半月板も靭帯もすべて粉々になっていた彼の左脚が、治ったのである。
信じられないことだが、仔猫は自分で新たな膝を作り出したのである。そうして、ぶらぶらになってしまっていた膝から下の骨がつながり、彼はもう走ることさえできるようになった。ジャンプだってできる。
それは凄い生命力である。
小さな、小さな命が、自分で、脚を元通りにしたのだ。半月板も作り直したし、靭帯も作り直した。粉々になってしまった断片を、すべて元通りにしてしまったのだ。
そして、皮膚を縫合したために、ちぐはぐになっていた左脚あたりの毛並みの模様が、みるみるうちにつながり始め、まったく怪我のない右脚と同じ模様になり始めた。
獣医さんに診てもらうと、彼は笑いながら、
「ははは、良かったねえ、変なおじさんに脚をちょん切られなくてさ」
と言った。そうして僕たちは笑った。

粉々になってしまった膝を自分で作り直した仔猫。
この仔猫に、僕たちはいろんなことを教わっているのだ。ありがとうね。

a0006822_0195089.jpg


ライブ情報を更新しました。
8月31日(日)、再び明治神宮でトーク&ミニライブです。それから、9月27日(土)、東京都三鷹市での演奏があります。どうか詳細をご覧くださいね。
http://www.ame-ambient.com/live/index.htm


おまけの写真1. ハンモックと仔猫。
a0006822_021264.jpg


おまけの写真2. 仔猫の面倒を看てくれる優しい兄貴犬。
a0006822_0224959.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2008-08-12 00:24 | ライブツアー
TINGARA待望のニューアルバム『組曲〜命の森〜』
友人であり、映画『地球交響曲』のサウンドトラックでも協同したミュージシャン”TINGARA”が、待望のニューアルバムをリリースしました。
このアルバム『組曲〜命の森〜』は、現在、明治神宮で行なわれている『名嘉睦稔木版画展~命の森~』へのオマージュであり、それ自体が独立したひとつのアルバム。美しい旋律と、洗練されたアレンジが、なんとも心地よい極上の仕上がりとなっています。
皆さん、どうかお聴きください。

a0006822_14471984.jpg


▼TINGARA『組曲〜命の森〜』のご注文はこちら
http://www.bokunen.com/onlineshop/cd-dvd/cd_inochinomori/

ニューアルバム『組曲 〜命の森〜』
発売元:天河銀河レーベル
CD番号:AGTI-01
価 格:2,500円(税込)

▼TINGARAサイト
http://www.tingara.com/

▼ひでおちゃんねる
http://hideo-channel.blogspot.com/

▼つぐみんぐ
http://tsuguming.blogspot.com/

▼名嘉睦稔木版画展~命の森~
http://inochinomori.blogspot.com/
[PR]
by rhyme_naaga | 2008-08-06 15:05 | etc
cat & dogs

a0006822_0482678.jpg

体重35kgのラブラドール犬zoloにじゃれつこうとする体重450gの仔猫mint。


a0006822_0484452.jpg

体重15kgの中型犬安吾に挑みかかるmint。


a0006822_0485638.jpg

mintのお尻をなめてあげる優しい安吾。本当に優しく、繊細な犬。
犬は本当に素敵な生き物だ。なんて優しいのだろう。君たちといると、僕はいつもいろんなことを教えられるのだ。
優しいというのは、本当に、本当に、素晴らしいこと。
[PR]
by rhyme_naaga | 2008-08-04 00:55 | etc