Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
喜び、そして忘れよ。荒野。
6月中旬、カリフォルニアへ行ってきた。現地6泊、ライブ4回のツアーで、LAからエサレン、そして最後はサンフランシスコでの演奏だった。どの会場のお客様もヴィヴィットで、ウォームだった。素晴らしいツアーだった。主催者、手伝ってくださったスタッフの皆さん、共演者、そして来てくださったお客様方には大きな感謝を捧げたい。どうもありがとう。言葉にするとまるで平板でありきたりだけど、他にどう言ってよいのかもわからない。でも、本当に、どうもありがとう。胸いっぱいの感謝をこめて、僕は何度でもそう言いたい。
そして、アメリカから帰国してすぐに『地球交響曲第6番』の上映会に合わせた演奏会が長野の小諸と地元、八ヶ岳の清里であり、これで春から続いた一連のライブもいったん終了した。7月8月はライブはなく、うってかわって制作の日々となる。そして9月から再びライブが始まるのである。


LAに行ったのはこれが何度目のことだったろうか。最初に行ったのは今からもう約20年も前のことだった。もはやあの頃の記憶も確かではないが、街の印象は驚くほど変わった。肌がひやりとするようなかつての緊張感は失せ、なにかとても柔和な手触りが街に漂っていた。それは僕ただ一人の勝手な印象なのだろうか。よくわからない。だが、帰国してから旅をよくする友人にその話をすると、彼も同じことを感じているのだと言った。街が穏やかに、柔らかくなったと言った。ひとつの混乱をくぐり抜け、人々の生活が静謐な波に揺られているような、そんな感じがあった。それは、もしかしたらアメリカ全体についても言えることなのかも知れない。つまり、アメリカという国そのものが年齢を重ねたのかも知れない。激動の青年期を過ぎ、壮年へと達したのかも知れない。
ともあれ、僕はLAという街がとても好きになったのである。茫々として、掴みどころのない街ではあるが、僕はライブという機会を通じて様々なニュアンスがそこに流れ、交感していることを知った。日系3世の女性のひときわ繊細で優しい魂を知った。美しい魂だった。美しい微笑みだった。彼女が暮らすその街は、天使の街であった。荒涼とした砂漠に囲まれた街であった。
かつて、ドアーズのジム・モリソンはこの街に暮らし、この街を歌った。LAに滞在しながら、僕は彼の詩を思い出した。奇妙なことに、もう10年以上も忘れたままになっていた短い詩を突然、思い出した。

The grand highway
is
crowded
w/
lovers
&
seachers
&
leavers
so
eager
to
please
&
forget

Wilderness
(『WILDERNESS』by Jim Morrison)


古い、懐かしい詩であった。20代だった僕が寝ても覚めても聴いていたバンドであり、浸るように読んでいた詩人であった。
若く、無防備で、危険なその詩人の影は、もはや遠い。空は高く、青く、どこまでも澄み渡っていた。そしてハイウェイは、恋人たちと探求者たちと旅立つ者たちに溢れていた。歓び、そして、忘れよ。荒野。

a0006822_121169.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2007-07-11 01:24 | etc