Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
天河、啓示、白い牙
天河で『地球交響曲第6番』の奉納上映があり、その同日、天河弁財天社の能舞台で奉納演奏をさせていただいた。
かつて、この舞台で奉納演奏させていただいたのはもう何年前のことだろう。7年ほど前だろうか。いずれにしても、それは僕が今のような楽器を手にしてから間もない頃のことだった。当時はほとんどライブもしていなかったし、ただひたすら音楽を作っていた。いや、むしろそれは格闘といったほうが正しいかも知れない。
流れてゆく歳月は驚くほど早いのに、流れ去った時間を振り返るとそこには膨大な質量の変化と足跡が累積していて、時間はむしろ粛々と静かに流れているように感じる。
時間とは奇妙なものだ。

短い文章ではとうてい書き切ることもできないが、僕の友人のひとりに、自分が辿ってゆく未来をあらかじめ知っている人がいる。彼は、時間は円環をなしているのだと言う。どこでどうなっているのかはわからないが、ともかく時間は川のように一方向には流れてはいないのだ、と。

もうひとつ。
これもまた短い文章ではとうてい無理だが、天河へ行く前日、久しぶりに隣村の川上村へ寄った。そこには丹生川上神社上社という神社があり、数年前、ダムのため、社殿を移転した。移転の際、古い社殿のあった神社跡地で「鎮魂祭」というお祭りを有志の者たちで降り行なったのだが、その時に起こった不思議な話を宮司の奥様から色々と伺った。
僕にとっては、数年越しに聞いた啓示のようであったが、次の日、天河で、その啓示の続きを聞くことになった。ただ、啓示とは書いたが、そんな大仰なものではないかも知れない。
それは、とても個人的な事柄だからである。
いつか、このことも書ける日が来るかも知れない。

a0006822_255613.jpg


さて、『白い牙』はアメリカの作家、ジャック・ロンドンの小説である。
ロンドンの『野生の呼ぶ声』は、巨大な体躯のイヌがアラスカの荒野でやがてオオカミの群れのボスに変貌する物語だが、『白い牙』はイヌの血を体の4/1だけ宿したオオカミの物語である。
彼はオオカミであり、同時にイヌである。いや、より正確に言えば、彼はオオカミではないし、イヌでもない。むしろ、オオカミへと生成変化しようとする命名しようのない運動体であり、かつ、犬へと生成変化する運動体であり、つまり彼はプロセスそのものである。
物語は彼の存在がアイデンティティとして固定されることなく、ひたすら運動体そのものとして、オオカミとイヌとの境界を駆け巡る。こうした運動は、狩猟儀礼において狩られる動物と人間との境界を越えてゆくシャーマンの変身のようであり、南方熊楠が研究した粘菌を思わせる。粘菌は、その摂食行動が動物的であるにも関わらず、胞子によって繁殖するという菌類的な性質も持ち合わせているため、粘菌は動物と植物との境界を彷徨い、越境する。
[PR]
by rhyme_naaga | 2007-04-20 02:55 | ライブツアー
2007年春のコンサート情報vol.3
コンサート情報の第3弾です。日程がやや錯綜してきましたので、どうかコンサート情報のvol.1からご覧くださいませ。
今月から6月にかけて他にもコンサートが予定されていますので、情報が確定し次第、皆さまにお伝えいたします。
何卒よろしくお願いいたします。

http://www.ame-ambient.com/Nagaya/index.html
のサイトのNews&Calendarからお入りください。

a0006822_0304681.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2007-04-12 00:31 | ライブツアー