Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
エサレン®ツアーのお知らせ
来年6月下旬、エサレン®マッサージで有名なエサレン研究所へのツアーでライブ演奏をします。
ツアーの詳細は、
http://momo.mu/event.htm#2
http://amenews.exblog.jp/
をご覧ください。
ツアーの前後には、サンフランシスコとロサンジェルスでのライブを予定しています。
エサレン®マッサージは、女性を中心に日本でも近年人気を集めるようになりました。体のケアを通じて人生の深い歓びへと繋げるエサレン研究所の試みは、今後さらに注目を集めてゆくことでしょう。そして、カリフォルニアの素晴らしい季節のなかで演奏できることは、僕には大きな喜びです。
美しい季節のビッグサーへ、ご一緒しましょう。

a0006822_1211829.jpg


ジョイネス!【エサレン体験ツアー2007】

期間:2007年6月17日〜24日定員:20名様
料金:32万円 プラス航空運賃(実費)
料金に含まれるもの:ワークショップ代、長屋和哉ライブコンサート料金、全宿泊費、食事代(最終日の昼食と夕食は除く)、現地での交通費

カリフォルニア州、エサレン研究所への体験ツアー。

時期は来年6月。カリフォルニアの最も美しい、快適なハイシーズンです。

シャスタ山ナビゲーターの虹の女神、高原操さんもツアーにご一緒します。

エサレンでの案内役は、指導暦30年のキャリアを持つ、エサレン・ティーチャーのデボラ・アン・メドウ
5日間エサレンに滞在してのプログラムは、ヨガやダンスのムーブメントでボディの解放、ゲシュタルト心理学での心の解放、そして初心者にも出来るエサレン®マッサージで触れる事の感動を!

なによりもジョイネス! 楽しんでください、まるごとのエサレンを。
もちろん日本語通訳付きです。

宿泊は団体部屋ではなく、2、3人で泊まれる個別のプライベートルームをご用意いたしました。
ご希望の方には4名様のみバンクベッド(2段ベッド)をご用意しています。
ゆったりとリトリートを楽しんで頂けます。


☆★☆★☆★☆
ビッグ・サーの海岸に打ち寄せる波音
乱舞する黄色い蝶、モナーク
食卓に訪れる青い鳥、ブルージェイ
咲き誇るカリフォルニアポピー
天空に煌めく夜空の星と月
カリフォルニアのまばゆい太陽
波打ち際で終日入れる温泉
本場のエサレン®マッサージでディープ・リラクゼーション
世界各国から訪れる人々との交流
自然食の野菜中心のおいしいお料理
時折訪れるクジラやイルカ・ウォッチング
樹齢数百年のレッド・ウッドの森のお散歩
瞑想室での静けさの一時
などなど、エサレンの楽しみ方は限りありません。
☆★☆★☆★☆
a0006822_1211829.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2006-12-27 01:21 | ライブツアー
The call of the wild〜野性の呼び声
Naaga`s Voiceの『小さな者のひとつの魂』に書いたことだが、今年の2月頃から仔犬を産んだ捨て犬がうちに居着いていた。

http://www.ame-ambient.com/Nagaya/voice/etc/part50.html

仔犬たちは3頭いて、そのなかの1頭はうちでそのまま引き取り、残る2頭は貰い手を探して、それぞれの家で一緒に暮らすようになった。その後、捨て犬の母親の貰い手も探したのだが結局見つからず、そのままうちに居続けることになった。
だが、ある夏の朝、彼女はふいに姿を消したのだった。
僕の連れ合いが、以前から家にいたラブラドール2頭と仔犬、それから母犬の計4頭を連れて朝の散歩に出かけ、人気のない林道のような場所まで歩いていって、リードを放った。いつもなら、4頭が穏やかな群れのようになって人と一緒に歩き、しばらくして、僕たちは再びリードを付けるのだが、その朝は、そのまま母犬だけが戻って来なかった。そうして、ぷっつりと姿を消してしまった。
それからすでに5ヶ月が過ぎた。彼女は帰って来ない。姿を消した当初、捨て犬たちのケアをボランティアでやっている知人の女性に相談をすると、彼女は「そういうことはありますよ。たぶん、捨て犬だった頃のことを突然思い出したんじゃないでしょうか」と言って、家の東にそびえる茅ケ岳というかつて火山だった山を指差し、「あの山には絶対に人に姿を見せない犬たちの群れがいるんです。どのくらいの群れなのかもわからないけど、もしかしたらあの母犬は以前、その群れと一緒に行動していて、そしてまたそこに戻ったのかも知れませんね」
僕たち3人は、夜の暗がりのなかで話していた。黒々とした山が僕たちを覆っていた。あの夜の山。あの山に、母犬は消えたのだろうか。
「でも、もしかしたら、また子供を連れて戻って来るかも知れませんよ」彼女は笑いながら言った。「また産まれちゃったから、面倒をみてくれって」
僕たちは笑った。
あの夜から5ヶ月が過ぎたが、その山を仰ぐたびに、僕は母犬を思い出す。彼女に初めて会った時、彼女は肋骨が浮いてしまうほど痩せ細っていて、襤褸雑巾のような赤い皮の首輪をしていた。かつてのろくでなしの飼い主が、その首輪を嵌めたまま、捨てたのだ。彼女はとても頭の良い犬だった。素敵な母犬だった。僕たちは彼女の新しい貰い手を探すために、彼女の毛をつくろい、古い首輪を捨て、新しくて可愛い首輪をした。
だが、それからほどなくして彼女はすべてを放擲したのである。そして、もしかしたら、野性の犬たちの群れが待つあの山へ帰っていったのである。
人に決して姿を見せない野性の群れに。
ジャック・ロンドンの小説『野性の呼び声』を僕は思い出す。『野性の呼び声』の主人公の犬、バックは人の世界を遍歴した果てに、野性の呼び声に促されて野性の狼たちの群れに入り、やがてボスとなるのである。
夏はやがて終わり、すでに秋も過ぎた。いまは凍える冬だ。あの母犬は、首輪という人の世界の残滓を身にまとったまま、凍てつく山を駆け抜けているだろうか。野性の群れとともに。その美しい群れとともに。

原始の中へ

放浪への想いはついに高まり
習慣の鎖はもはや耐えられないまでになった
その冬の眠りからもう一度
野性の旋律が、目覚めるのだ


目覚めよ、もう真昼だ。

a0006822_1323460.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2006-12-17 02:47 | Naaga`s Voice