Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
シャスタ山のロックンロール
シャスタ山は、とても美しい山だった。4,000メートル級のピーク、そこはすでに森林限界を超えていて、剥き出しの岩肌が青空に屹立していた。かつてのアメリカインディアンは、その森林限界から上の領域はグレートスピリットたちの世界だと考え、特別なことがない限り、足を踏み入れなかったのだという。だから、山の裾野を円を描いて巡り歩くのである。まるでカイラスのようだ。
そして、シャスタの周囲には多くの聖地が点在している。そのいくつかを巡ったが、もっとも心に残ったのは高標高に位置する湖、キャッスルレイク。
静かで透明な湖面と、剥き出しの岩肌。眩い陽光と、緩やかな風。ひとり皆から離れて、湖岸の最深部まで歩く。座り、すべてを見渡す。『心の指紋』というアメリカインディアンの犯罪者の青年が主人公の映画、そのラストシーンを思い出す。その青年は、湖に、消えた。これととてもよく似た高標高の湖。アメリカインディアンの聖地。
荒れ果てた荒野のような青年の魂と、それを一切なかったことにするかのような、湖の湖面。
美しいひとつの寓話である。

そして、スウェットロッジ。
ウォーキングイーグルという名のアメリカインディアンの男が祈祷を唱える中、漆黒の暗闇のテントの内部は焼けた石たちと水蒸気で激しく暑くなり、汗が体中から絞りとられる。「This is a very old rockn`roll」ウォーキングイーグルはそんなことを言っていた。笑う。歌い、祈り、とらえられる。
息が苦しい。もう我慢できない、と思った瞬間に、ウォーキングイーグルの叫ぶような声。
「Open the Door!!」
つかの間の休憩の後、再び扉は閉じられて、漆黒の闇が蘇る。祈祷は続き、ウォーキングイーグルはとても古いロックンロールを歌うのだ。祈祷という名のロックンロール。ヨーロッパ人たちが大挙して押し寄せ、アメリカインディアンたちを虫けらのように殺戮するずっと以前から歌われてきた歌。それをロックンロールだと宣言することに、ウォーキングイーグルの天才があり、精霊がある。
精霊は、あらゆるところに勃発する。

シャスタ山のイメージ。それは僕にとっては、スウェットロッジの漆黒の闇の中で焼けていた煌々たる石たちである。
ともに旅をしてくれた皆さん、本当にどうもありがとう。
またきっと会いましょう。
[PR]
by rhyme_naaga | 2005-10-30 16:56
シャスタ山ツアー、いよいよ来週!
前回のこのブログで、これまでのnaaga`s voiceのことに触れて、「ろくなものを書けていない」と書いたら、ある人からメールをいただいた。
そのメールで、「ああいうことを書かれると、とても残念に思う」から、これからも素晴らしいものを書いてください、ということをその人は、書いてくださった。そうだな、と思い、とても反省したのであった。
ごめんなさい、そして、ありがとう。気持ちがとても嬉しかったです。たとえ、僕自身が書いたものに満足していようとなかろうと、それを書いた時の気持ち、感情、昂りなどは、すべて受け取っていただいていたのである。本当に、ありがとう。また、書いてみますね。だから、またどうか、読んでみてくださいね。

さて。
来週からアメリカである。シャスタ山の麓でのライブとワークショップ。多くの知人・友人がそこを訪れ、誰もが口をそろえて、素晴らしい! という山。いったいどんな山なのか、僕も今からとても楽しみにしている。
また、ツアーには僕のライブ&ワークショップの他に、momoさんというヒーラーの方のヘミシンクのワークショップ、そしてスウェットロッジが用意されていて、内容は豊富である。
来週20日の成田発である。
主催者の聞いてみると、あと1名の枠があるという。みなさん、いらしてくださいね、とは言えないが、もしどなたかご一緒したい方がいれば、まだ1名ぶんだけ大丈夫です。
迷われている方、どうか、お問い合わせくださいね。
ツアーの詳細は、このrhymeのサイトのlive informationにあります。
ではでは!
[PR]
by rhyme_naaga | 2005-10-14 19:25 | ライブツアー
鈴鹿コンサート&大阪・東京ワークショップ
10月1日、三重県鈴鹿市の龍光禅寺でコンサートをやらせていただき、2日には大阪でのワークショップ、そして昨日10日は東京でワークショップをやらせていただいた。鈴鹿では250人以上もの方々にいらしていただき、僕の拙いお話と演奏を聴いていただいたのである。お寺にあれほど多くの方々が集まるなんて、ほんとうに凄いことだと思いました。精力的にお手伝いいただき、コンサートを成功させてくださったスタッフの皆さま、そしてお客様に大きな感謝を捧げます。どうもありがとうございました。
それから大阪でのワークショップと東京のワークショップ。皆様、どうもありがとうございました。東京では6時間にも及ぶ濃密なワークショップとなりました。お疲れさまでした。
そして次回は、僕の暮らす八ヶ岳でワークショップをやる予定です。期日はまだはっきりしていないけれど、おそらく冬。雪に埋もれた八ヶ岳の麓。どこかのペンションなどをお借りして、泊まりがけでゆっくりとやりたいと思っています。
その時はまたお知らせしますので、どうかよろしくお願いいたしますね。

ところでまったく関係ないのだが、ここ半年ほどnaaga`s voiceを書いていないのである。
ハワイのメディシン・マンの話を書いて以来だ。読んでくださっている方々には申し訳ない気持ちでいっぱいだし、メールマガジンの登録をくださっている方々にもほんと、申し訳ない。皆様、ごめんなさい。いつかまた書ける時が来ると思うのだが、今はまだダメなようである。
読み返してみると、ろくなものは書いていないが、いつか素晴らしいものを書いてみたい。力にあふれたものを。そしたらいつかまた、小説も書けるかも知れない。
11月26日の『ディオニュソスをめぐって』 part1が、新たな言葉への闊歩である。
新たな言葉、新たな愛情。
新たな大地。そして、新たな存在の平面!

大地を大股で闊歩する者。歓喜する者。ランボオ。
そして、
新しい人間へ!
[PR]
by rhyme_naaga | 2005-10-11 02:28 | ライブツアー
バリ島ライブツアー、中止のお知らせ
ame-ambientのnewsのコーナーにも載せましたが、バリ島ライブツアー『千の精霊』は、今回バリ島の繁華街を襲った自爆攻撃のため、やむを得ず、中止することとなりました。
ツアー参加に募集くださった方々には深くお詫びを申し上げたいと思います。そして、何よりもこの判断がツアー参加される方々の生命を第一に考えた結果であることを、どうかご理解いただきたく存じます。どうか、ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
そして、亡くなられた20数名の方々に、深い哀悼の意を捧げ、ご冥福をお祈りしたいと思います。

生命が、政治のために切り売りされる。バリ島だけではなく、あらゆる場所で。覇権というものは、それほど大事なものなのか。
生命は、ただ生命のためだけにあるのだ。なぜ花は咲くのか、それは生命のためだ。なぜ人は愛するのか、それは生命のためだ。なぜ人は死ぬのか、それは生命のためだ。なぜ人は歓喜するのか、それは生命が生命であるからだ。
政治はあまりにも幼稚だ。ヒトの意識は、もはや超えてゆかねばならない。新たな位相へ。幸福と歓喜の方向へ。

ニーチェのことを想う。
ニーチェは、「超人」と言った。あるいは、ディオニュソスと言った。あるいは、幼子、と言った。

「聞け、私はあなたがたに超人を教える。
超人とは大地の意味である。願わくはあなたがたの意志が、『超人こそ大地の意味であれ!』と述べるように!
わが兄弟たちよ、私はあなたがたに懇願する、大地に忠実であれと。あなたがたは、大地の彼方にある天上の希望を説く人々を信じてはならない。意識的であろうとなかろうと、彼らこそ毒を盛る人間なのである。
彼らこそ生命の侮辱者であり、自分自身中毒にかかり、瀕死の人間である。大地はこのような人間に倦み果てている。」(『ツァラトゥストラ』)

もう一度、亡くなられた方々のご冥福を心より、お祈りいたします。
[PR]
by rhyme_naaga | 2005-10-06 01:53 | ライブツアー