Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
あの美しい馬を我らに
ほぼ3ヶ月ぶりにameのサイトのNaaga`s Voiceを書きました。タイトルは「あの美しい馬を我らに」です。
もしよかったら、どうか読んでみてください。
いつものことではあるんだけど、書いたものが読んでくださる方に届くかどうか、まったくわからないのです。ぎこちない文章、アンバランスな、まとまりのない、言葉たち。たくさんの思いはあるのに、それは果たして誰かに響くものなのか。僕の言葉は、絶望や暗さにいつも彩られている。僕は、でも、そこに愛情をこそ見い出したいのだ。でもそれは、届くのか。生きている者たちに。死んでいる者たちに。

1ヶ月の旅の間じゅう、ここに書いたことを思っていました。
それはとても孤立した、閉塞した思いだったような気がします。
もしよかったら、読んでみてください。
ではまた。
[PR]
by rhyme_naaga | 2005-02-25 03:12 | Naaga`s Voice
帰ってきました
ブログのほうにも書いたのだが、1月中旬からつい先日までのまる1ヶ月間、ずっと海外を渡ってきた。モンゴルに1週間滞在し、東京に1泊だけ帰ってきて、その後、ハワイ島、ロス、アリゾナ、そして最後はメキシコ、という旅程だった。ちょっとハードな旅だったが、何がハードって、その気温差である。
モンゴルでは夜間、気温はマイナス30℃まで下るのだが、1泊を空けて次に訪れたハワイ島の昼間はほぼ30℃。つまり60℃の気温差なのである。体に悪くないはずはない。だが、そうした影響が具体的に体にあらわれるのは少し時間が経ってからのことで、ロスやアリゾナを経てメキシコに着いた頃に、風邪をひいてダウンした。その間は、メキシコシティのホテルでまる2日、ずっと眠っていた。
思えば、アリゾナからメキシコに行く行程がしんどかったのだ。アリゾナのセドナという小さな町をまだ暗い早朝に出発し、2時間かけてフェニックスの空港へ行き、そこからロスを経由してメキシコに着いた時にはすでに日が暮れていた。で、翌々日くらいには地元の連中と明け方まで踊り狂って遊んでいたのだった。場末のパティオでマリアッチの楽団に歌を歌ってもらい、さんざんテキーラを飲んだ。浮浪者たちがまりを取り囲み、すぐ傍らで二人の警官が銃を片手に警戒している。明け方、もはや浮浪者と楽団と僕らしかいないパティオは、不穏な気配に満ちていた。
「いいか、ポケットに手を突っ込んで、脇目をふらずに車まで行くんだ」
そう言う仲間の声にしたがって、僕らはパティオを横切り、地下の駐車場へ行く。そうしてホテルに帰り着いたのが午前6時。夕方に目を覚ました時には、すでに体は熱を持っていた。
メキシコでは、巨大なピラミッド、テオティワカンへ行った。テオティワカン、マヤ、オルメカ、そしてアステカに至る膨大な文明の集積が、メキシコには残されている。メキシコシティの国立人類学博物館には、それらの膨大なコレクションが収蔵されており、まる1日あっても決して見終えることはできない。
紀元前のテオティワカンの時代から継続されてきた、心臓を神々に捧げる儀式は、アステカの時代になって過剰に、熱狂的に、肥大化してゆく。心臓を取り出す人身供儀という残酷劇に貫かれた歴史は、観る者をして畏怖させる。近現代的な理知ではジャッジすることのできない、不可解な、だが一貫した別種の理知によって貫かれた文明の束。宗教とエロスと死が、奇妙な果実のように熟れた多様な文明の姿。

ともあれ、まずは帰国の報告でした。
またゆっくりと旅のことを書きますね。
[PR]
by rhyme_naaga | 2005-02-20 23:22 | etc