Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
名古屋〜東京〜大阪
東京でのCD発売記念、2夜連続ライブは無事、満員御礼で終了いたしました。いらしてくださった皆さま、本当にどうもありがとうございました。完全な暗闇のなかで演奏するのは僕にとっても初めて経験でしたけど、とてもエキサイティングな時間でした。
そして、とてもウォームな観衆の皆さんに、その暗闇は支えられていました。素晴らしいお客さまでした。
それにしても心配だったのが、お子様連れのお客さまでした。暗闇が恐くて泣き出すんじゃないかと思っていたのだけど、不思議と静かに聴いていてくれたようでした。
でも後から聞いた話では、あまりに恐ろし過ぎて、もう泣き声も出せなかったらしいです(笑)。さもありなん。おまけに、家に帰ってから熱まで出してしまったそう。ごめんなさいね。我慢してたんだね。小さな子供にとっては過酷なライブだったのでした。
ともあれライブも終わり、八ヶ岳に帰って来たら、今年の初氷が張りました。気温は朝で1度。明け方はきっと零下だったんだろうな。冬です。

さて、今週末の土曜日は、昼間に愛知県の長久手町で美術作家とのコラボレーション。そして夜が東京の有楽町でティンガーラのライブにゲスト出演。翌日の夜が大阪の狭山市でライブ、というハードなスケジュールです。今年いちばんの山場。これが終わったら、しばらくは映像のための音楽制作にかかります。
名古屋、東京、大阪の皆さん、どうかいらしてくださいね。

そして新潟の皆さんの頭上に、暖かな陽射しが降り注ぐことを祈っています。
雪ではなく。陽射しを。
[PR]
by rhyme_naaga | 2004-10-28 01:03 | ライブツアー
大丈夫ですか?
今年は台風の当たり年なのだろうか。強烈な台風が次から次へとやって来ているような気がする。沖縄を始め、各地でたくさんの被害が出たようだが、皆さんのところは大丈夫でしょうか?
どうか、くれぐれも御注意くださいませ。僕には何もできないけれど、皆さんが無事で平和に暮らしていることを祈っています。

先日、大阪でライブがあったので、春以来数カ月ぶりに吉野に滞在した。
吉野・川上村。
昨年完成予定だったダムは、試験湛水の段階でダム底あたりの壁面に致命的な亀裂が入り、工事は中断されたまま今に至っていた。川の水はほんの数カ月も貯められなかったのではないだろうか。ダムはまるで巨大なモニュメントのように、川の行く手に立ち塞がり、観る者を圧倒していた。
それだけでなく、昨年から今年にかけて吉野/熊野にはずいぶんと災害が多いような気がするのは果たして僕だけだろうか。
天川から熊野に抜ける国道は寸断され、三重方面からの交通も難渋し、地震が頻発している。吉野でもずいぶん揺れたのだという。
ともあれ、どうか皆さん、災害には充分に御注意くださいね。

僕は金曜日・土曜日と東京でライブ。
新しいアルバム『すべての美しい闇のために』の発売記念ライブです。
どうか、ぜひともいらしてくださいね。
お待ちしていますので。

それでは!
[PR]
by rhyme_naaga | 2004-10-21 01:49 | etc
夢の力 part2
そう、僕は夢の中で、あまりにも美しい歌を聴いたのだった。
半覚半眠のまま、僕はその歌に感動していたのだが、半分目覚めている意識のほうでは何かがおかしいと感じてもいた。その歌が、どうしても自分の頭の中から聴こえているような気がしていたのである。
夢の中で、僕は試しに耳を塞いでみることにした。人々は、僕の目の前で歌っている。耳を塞いでも、同じような音量で歌が聴こえていれば、その歌は僕の頭の中から聴こえていることになる。
そして実際に耳を塞いでみても、思った通り、歌の音量は変わらなかった。
やはり、これは僕の頭の中から聴こえて来ているのだ。
ならば、もし僕がこの美しいメロディーをさらに美しくしようと意志すれば、この歌は変化するに違いない。そう思い、僕はそのメロディーに新たな音階を加えようとした。
するとその途端。
本当に、その途端に、である。
歌が消えてゆこうとしたのである。
まるで危ういバランスが崩れてゆくように、あるいは砂の城が海にさらわれてゆくように、歌が遠くなっていったのである。
僕は自分の間違いに気がつき、「意志する」ことをやめた。すると、たちどころに歌が帰って来るのである。美しい歌が、かつてと同じ音量で鳴り始めたのだった。
そうして僕は危ういバランスを保ちながら、徐々に夢から覚めていったのである。

僕は思った。
音楽はそれぞれの地域の文化や貿易・交通あるいは戦争などによって変質しながら、ある定型のようなものが生まれて来る、と考えるのが普通だが、もしかしたら、地球上のすべての音楽はむしろ、ある母胎から生まれて来るのかも知れない、と。
そしてその母胎とは、心理学/精神分析学の用語を使わせてもらえば、無意識のことなのかも知れない。あるいは、もっといい言葉があるのかも知れない。
トランスパーソナルというわりと新しい心理学の分野があるが、もしかしたら、これに近いのかも知れない。トランスパーソナル、つまり個を凌駕、というよりはむしろ越境してゆく、ということ。個を越境して、ある母胎にすり寄ってゆくこと。ただ、これは普遍ではない。「普遍」と名付けた途端に、その母胎の持つ強度も速度も失われてしまうからだ。

ともあれ、そんな夢だった。

さて、今週末は大阪でライブである。
皆さん、ぜひいらしてくださいませ。ではでは!!
[PR]
by rhyme_naaga | 2004-10-14 19:21 | etc
夢の力
夢を見たのである。
それは明け方のことで、意識は半分目覚め、もう半分は夢の真只中にいた。
僕は沖縄にいて、地元のたくさんの方々と一緒だった。だが、八ヶ岳へ帰らねばならない時間が迫っている。
後ろ髪をひかれながら皆にその旨を伝え、立ち上がると、皆さんが僕に歌の贈り物をしてくれると云う。それは「・・・グチ」というタイトルの歌で、別れの時には昔から歌われる歌らしかった。
それは僕の知らない歌だったし、いや、というより何より、そんな歌が本当に存在するわけもない。何しろ、それは僕の夢の出来事なのだから。
ともあれ、僕は再び座りなおし、反対に皆が立ち上がって、歌を歌い始めたのだった。
それは聴いたことのないメロディーだった。そして、それは沖縄音階でもなかった。いや、沖縄音階にとても近いのだが、どこかでテンションを構成する半音階が混じっていて、それがこの上なく美しいのだった。
素晴らしく、素晴らしく美しい歌だった。
こんなに美しい曲を聴いたことはない、と思った。僕は夢の中で感動し、しかし同時に、半覚醒状態の目覚めている意識のほうでも同じように感動していた。

さて、この話の続きは次回に書くとして、ともあれ僕が思ったことは、歌という存在が由来する場所のことである。
歌のストック、あるいは歌の貯蔵庫とでも言えばいいのか。
ひょっとしたらそれは、というか、きっとそれは、僕たちの無意識の中にあるのではないだろうか。
無意識の海の中に、すべての歌が貯蔵されているのではないか。
そんなことを思ったのである。

すべての情報は、海の中にある。
それをグリップすること。
最近の僕のテーマ。
[PR]
by rhyme_naaga | 2004-10-10 23:05 | etc
シャーマンについて
昨年に続き、富山でライブと一緒に講演をさせていただいた。
講演のタイトルは前回のダイアリーで書いた通りだが、「音楽樹」の話をするつもりだったのが、何故だかほとんどの時間をシャーマンの話で終始してしまった。万事、予定通りにはいかないものである。
シャーマンの話。聴き手によっては、かなり際どいサイコな話だが、ま、話しをする本人はそれも覚悟の上でのことではある。僕自身の体験から始まって、アマゾンのシャーマンの話、ピグミー族の話、ラスコー洞窟の壁画、それから9.11を予言していた人の話、などなど。それから、縄文のミシャグチと邪視のこと。
そして、奇妙なCDも何枚か聴いていただいた。ネパールのシャーマンのエクソシズムの音楽や、熱狂のガムランなどなど。

シャーマンついでに、金属打楽器の話。
インド起源の楽器はヨーロッパとアジア全域に広がり、西洋音楽のみならず多くの音楽を産み出したが、それとは違うもう一つの音楽の起源を、僕は東南アジアに見い出すことができると思う。つまり、ゴング文化圏。
青銅器の渦。
そのもっとも洗練された音楽が、ジャワの宮廷ガムランだと思うのだが、ともあれ、それらの音楽は金属打楽器を中心として演奏されている。そしてそれは、激しく連打される金属音によるトランス作用をまるごと生の形で内包したまま発展してきた独特の音楽文化である。
つまり、シャーマニズムの音楽。剥き出しの。

さて、講演のレジュメである。

※シャーマニズムについて

ディオニュソスの古代的身体。
右手と左手。
身体が権力的父性を逸脱してゆくこと。
無意識。
「器官なき身体」。エクスターズする身体。魂。
縄文。共有される無意識。ミシャグチ(邪視)。
シャーマンと部族民たちの共有されるトリップ。無意識は広大無辺。9.11テロの予言。バリのブラックマジック。
情報は蔓延している。圧倒的に。
イスラエル、チェチェン、イラク、すべての情報は蔓延している。広大な無意識の海に。

※音楽の潮流と渦(インドからヨーロッパへ、インドから日本へ、あるいはアジア南部の青銅器音楽)

インドから中東を経て、ヨーロッパへ伝播する音楽。シタールはギターに、サントゥールはやがてピアノに。
楽音的音楽の成立(ノイズの排除)。
インドからシルクロードを経由して日本へ。ヴィーナは琵琶に、サントゥールは琴に。その他、笙、鐘など。これらすべてはノイズを含みながら楽を奏でる。(一方で、とても形式主義的に)
そして、もう一つの音楽圏がある。青銅器文化圏。あるいはゴング文化。紀元前5000年頃の三星堆文明を起爆点として(?)。これは渦のように東南アジアを中心にして存在しており、それが日本の梵鐘やおりんなどと通底する感受性を形成する。
洗練された形としてのガムラン音楽。チベット仏教音楽。シャーマニズムと関係する。
これらは響きの音楽であり、余韻、倍音の音楽。
これら3つの音楽の潮流は混じりあい、生成変化する。
金属楽器あるいは鍛冶屋はシャーマンととても近い存在とされた。シャーマンは身に金属を付ける。ナムサダンのケンガリ。
金属打楽器の喧噪はシャーマンに。おりんの音は精霊の気配として。
金属のシャーマニズムは、ディオニュソスのシンバルに。
一方、ヨーロッパ音楽の原点は、アポロンの竪琴に。

さて。
これではよくわからないですね。
でも、まあ、とにかくこんな講演なのでした。
ピース。
[PR]
by rhyme_naaga | 2004-10-05 03:35 | etc