Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
堕ちよ! 生きよ!
大切な人から、手紙をもらった。そこには作家・坂口安吾の「続・堕落論」からの文章が引用されてあった。
「表面のきれいごとで真実の代償を求めることは無理であり、血を賭け、肉を賭け、血を流し、まっさかさまに堕ちていかねばならぬ」

そう、人は堕ちる。自分自身の生命と魂の諸相を生きようとすれば、必ず人は堕ちてゆくのだと思う。ニーチェは書いている。
「人間において偉大であるところのもの、それは、人間が一個の橋であって、目的ではないということである。人間において愛されうるもの、それは、人間が一個の過渡であり、一個の没落であるということだ」

坂口安吾が「堕落論」を書いたのは、終戦直後のことだった。戦争中、日本国家に忠実であった男たちは闇市でごろつきになり、家庭のために自らのすべてを犠牲にしてきた貞節な女たちは、飲み屋で男の腕にぶらさがった。坂口安吾はそんな彼らに対して、「それでいいんだ、堕ちればいいんだ」と言ったのだった。
魂は堕ちてゆく。
しかし、堕ちてこそ、魂は人間の切実な真実となるのである。

思えば、まったく別の友人に坂口安吾の「続・戦争と一人の女」という短編を読むことを勧めたばかりだった。東京・実相寺のコンサートに来てくれた彼女は、その小説に衝撃を受けていた。
「長屋さん、なんちゅうもんを読ませるんや」
と嘆息していた。安吾を読む前と後とで、世界はまったく変わってしまう。少なくとも、僕はそう思う。

ところで、話はガラリと変わって。
その実相寺のコンサートの夜、北京ではちょうどサッカーアジアチャンピオンを決めるアジアカップ決勝戦が行なわれていた。
対戦は、日本vs中国。八ヶ岳を急いで出発してきたため、予約録画を忘れてしまっていた。
コンサートも終わり、撤収をし、機材を車に積載している時、ふと近くに停車していた乗用車に目をやると、運転席には年配の男性が座っていて、カーナビの画面をじっと見つめている。
カーナビの画面は一面が芝のグリーン。
そう、言わずと知れたサッカーや、である。
僕としては居ても立ってもいられなくなって、積載を人に任せ、その乗用車の助手席に歩み寄り、コンコンと窓を叩いた。
「あの、すみませんけど」
そう言うと、運転席の男性はすぐに事情を理解してくれ、
「あ、どうぞ、どうぞ、今、後半30分くらいです」
と言いながら、ドアを開けてくれた。
「あ、すんません、ありがとうございます」
などと言いながら、僕はそそくさと助手席に乗り込み、早速カーナビの画面を親の仇のようにじっと凝視し始めたのだった。ゲームは2対1で、日本が勝っている。
そして、そのまま後半45分が過ぎ、3分のロスタイムがちょうど半分くらい過ぎたあたりのこと、1点を追って全員で前がかりに来ていた中国の背後には広大なスペースが生まれており、中村俊介がそのスペースめがけて長いパスを出した。するとFWの玉田が俊足を生かして、ほぼトップスピードに近い速さでボールを受け、中国ディフェンダー3人をかわして、そのままシュート。ゴールが決まった。
「やったああ!!」
僕と見ず知らずのおじさんは二人して同時に叫び、同時に手を伸ばして、堅い握手を交わしたのであった。
そして、すぐにゲームは終わり、日本は優勝した。僕たちは再び堅い握手をしたのであった。
ま、坂口安吾とはなんの関係もないですが。
いい話しでしょ? これ?
え? そうでもない?
[PR]
by rhyme_naaga | 2004-08-10 01:47 | etc