Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:etc( 154 )
『すべての美しい闇のために』再販
僕の5枚めのソロアルバム『すべての美しい闇のために』は長いあいだ絶版のままでしたが、このたび増版され、ようやく再リリースすることができました。
ウェブサイトのほうはまだ準備できていない状況ですが、もしご購入に興味がおありの方がいらっしゃいましたら、下記のメールアドレスに直接お問合せくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。
info@ame-ambient.com

a0006822_23205126.jpg

もう何年も前に、このアルバムをリリースする時、何人かの人からタイトルを考え直したほうがいい、と言われました。
それは言うまでもなく、闇という言葉の持つダークでネガティブなイメージのせいです。僕にもそれはよくわかっていましたが、結局このタイトルのままアルバムをリリースすることにしました。
光と闇。
光はその輝かしさによって、大いなる正義や愛のメタファーとなりますが、光が眩ければ眩いほど背後の潜む闇は深くなります。すべてはコインの裏表であり、あらゆる存在は相対的です。
心理学者のカール・ユングは、父と子と精霊の三位一体に悪魔を加え、四位一体を唱えますが(ユングは、4という数字にずいぶんこだわっていました)、それは彼が、光と闇が相対的に存在し、お互いがお互いを内包していると考えたからだと思います。
いずれにしても、このとき闇はその内側に、光を包み込んでいます。
その光は、もしかしたらあまりにも小さくて、ささやかで、仄かで、多くの人の目には見えないかも知れません。
多くの人は、最初から見るつもりすらないかも知れません。闇は忌むべきものであり、人生から立ち去ってもらうべきものであり、あたかも最初から存在すらしなかったかのように振る舞うのです。しかし、その人がもし「私の人生に闇はない」と言うとき、その人はむしろ恐るべき闇のなかに立っています。
a0006822_2321737.jpg

しかし、もし闇を見つめる勇気と誠実さがあれば、そこには人間が持っている優しさや悲しみや歓びがかならず見つかるはずです。例えば、ブッダは絶えずそこへ回帰しようとしていました。
なぜなら、そここそが、人が生きる場所だからです。
闇のなかには、ささやかな光が明滅し、それを抱きしめる腕があります。およそ見えないくらいの小さな光があり、それは生命の光であり、それを愛おしむ愛情があります。
それは僕にはとても美しいものに見えるのです。
『すべての美しい闇のために』というアルバムタイトルは、そんな思いから付けられました。
もしよろしかったら、どうかお聴きください。
a0006822_23213414.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2015-12-05 23:21 | etc
cold moon、ヴァイナルリリースのご案内
Underground Gallery Japanから"cold moon EP"のヴァイナルの予約が開始しました。
出荷予定は10月27日から。
ご興味がおありの方は、どうぞ下記のURLからご覧ください。

a0006822_2173225.jpg


http://www.undergroundgallery.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=46167

a0006822_2155093.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2015-10-30 21:07 | etc
EP「cold moon」がリリースされました
EP "cold moon"に収録された曲のフルバージョン。
9分超のテクノアンビエント。シンギングボウルがテーマになっていて、その響きにからみつくようにミニマルなリズムとベースが繰り返される。
曲をミニマルかつ長めにし、テンポを抑えたことで、内向的でトランシーな感じに仕上げた。
単調なリズムのミニマルミュージックは、シャーマニックである。あれはいつのことだったか、アメリカインディアンのメディシンマンが叩く太鼓を聞いたのは。熱気で朦朧とする意識の向こうから聴こえてくる太鼓。
その太鼓は、かつて魂の乗り物と考えられてきた。それは、魂がリズムに乗って旅をするからである。天空と、地底の、見えざる世界を旅するからである。
もしよろしかったら、どうかお聴きください。


[PR]
by rhyme_naaga | 2015-10-10 23:28 | etc
Dreamscape1
未発表の曲「Dreamscape1」の映像が仕上がりました。
およそ16分に及ぶ長い曲ですが、もしよろしかったら、どうかご覧ください。



「Dreamscape」とは、夢の光景のこと。
これはそもそも夢を見るための楽曲として作りました。そこには入眠や瞑想など、身体と意識をめぐるあらゆるメソッドも前提となっています。
そして、これはひとつのアンビエントミュージックです。

眠ること。
睡眠導入剤や抗鬱剤の服用の話を日常的に聞くようになったのは、ここ数年のことだろうか。あるいは、もう少し以前からだろうか。
これは僕のまわりに限った話だから、断定的なことは何も言えないのだが、それにしてもよく聞くようになったことは確かである。小さな子供までもが、服用しているという話すら聞くようになった。
社会不安や格差や貧困など、その背後には恐ろしく大きな問題があるのかも知れない。
中東で燃え上がる火の手が、彼の地の何もかもを焼き尽くそうとしている今、極東の僕たちは得体の知れない不安を抱えているのである。
それはまるで、眠るのを恐れているかのようだ。

眠ることは、もしかしたら何かを「信じる」ようなことなのかも知れない。
僕たちは安息できる穏やかな「信じること」、そして生命と精神の光射す物語を希求しているのかも知れない。

そして穏やかな夢の光景が、みなさんの眠りの海に広がりますように。
心から、願っています。
a0006822_20154635.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2014-08-29 20:15 | etc
新曲『Plexus』
自然音のサウンドスケープを発表している小西裕太さんとのコラボレーション作品です。
1時間を超えるアンビエントです。どうぞゆっくりとお楽しみください。



a0006822_23232242.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-11-28 23:24 | etc
ウェブサイトが新しくなりました
ウェブサイトが新しくなりました。 YoutubeやFacebook、それからitunesストアへのリンクも新しく作りましたので、もしよろしかったらどうかご覧くださいませ。
画像をクリックして、ご覧ください。
a0006822_2325634.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-03-27 02:33 | etc
鋼鉄のハート〜新年の御挨拶にかえて
あの映像はどこで見たのだろうか。12月の中旬から移動が多かったことがあって、どこかのホテルの一室でか、それとも実家でか、つい先月のことなのにそれすら記憶に残ってはいないが、僕は薄暗い部屋にいてテレビの映像を見つめていたのだった。
普段はテレビのない生活を送っているせいか、遠征に出るとよくテレビを見る。その時映し出されていたのは、福島原発の爆発と、当時の官房長官の記者会見の様子だった。それは年末の報道特集のようなプログラムだった。官房長官が、落ち着いた様子で現在の状況を説明している。それを見つめながら、僕は3月当時のことをまるでつい昨日のことのように思い出す。テレビがないため、その時僕はネットのUStreamの中継をずっと見つめていた。
その時の緊迫感が蘇ってきて、僕は息をひそめる。じっと息を殺して、映像に目を凝らす。
その時僕は、国外避難の可能性を、というか、その現実的な手段をもはや考えなくてはならないのだと、しんしんと切迫した緊張感のなかで覚悟し始めていた。その時の感触が、年末の報道特集を見つめながら、にわかに蘇ってきたのだった。
考えてみれば、これほど切迫した時間、社会的な事件と自分の生活とか緊密に絡み合い、これほど切迫した日々を過ごしたことは、これまでにあっただろうか。
自分たちの生活する大地と、生命と、愛する者たちが傷つき、脅かされたことが、かつてあっただろうか。
僕たちは、あの日を境に、一体どれほど多くのものを失ったのだろうか。
そして、なお、失い続けているのだろうか。

これをトラウマ(精神的外傷)とまで呼ぶことはできないだろう。しかし、報道特集の映像は、僕にあの時の感情をまざまざと呼び起こさせ、僕の現在に斧を振り下ろした。
もはや、あの日以前に戻ることはできないのだ、と思う。
あの日を境に、僕たちは失われた。
僕たちは、永遠に続くと思っていたことが、本当はまるで砂上の楼閣のように脆い、かりそめのものであることを知った。
しかし、それでも僕たちの生が続いてゆく時、僕たちはこれからどのように生きてゆけば良いのか。
そして僕たちは、新しい年を迎え、さらに新しい日々を生きようとしている。2012年には大きなカタストロフィと転換があると、たくさんのスピリチュアリストたちが教えてくれたが、むしろ目の前にあるのは、日々の奇蹟である。
多くのものが失われ、多くの生命と大地が脅威に晒されながらも、いま、それでも僕たちが在るのは、あるいは奇蹟と呼ぶべきものなのかも知れない、と思う。
どのように生きてゆけば良いのか。考えてみれば、まったく当たり前のこの問いかけが、僕には澄み切った白のように目の前に広がっている。

2012年。
それでも僕は新しい年を祝し、新しい日々を歓ぶ。
僕たちは、生き残ったのだ。そして、たくさんの方たちの生命が失われたのだ。亡くなられた方々のご冥福をいま、改めてお祈りし、その魂の行く末、航海の道を祈りたいと思う。どうか、どうか、彼らの魂が安らかでありますように。
そして、生き残った僕たちのハートが、じゅうぶんに強くありますように。
僕たちの生命と、僕たちの大地を脅かす脅威や欺瞞を目の前にした時、僕たちのハートが鋼鉄のように強くありますように。そして、その鋼鉄の盾で、僕たちの生命と大地を守りますように。
じゅうぶんに強く、強くなろうではないか。
龍のように。それとも、獅子のように。
そして、新しい日々を、迎えよう。
a0006822_123258.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2012-01-07 01:23 | etc
Facebookと、稲刈り
まずはご報告から。
少し以前から、Facebookを始めました。
もしFacebokのアカウントをお持ちでしたら、どうぞこちらもご覧ください。
http://www.facebook.com/kazuya.nagaya

そして、昨日は待望の稲刈り。
今年は僕が仲間たちとやっている田んぼだけでなく、どこの田も稲がたわわに実り、豊作を予感させた。それで稲刈りをしてみると、収量は例年とそれほど変わりないような気もするが、実際のところは、2週間後に行なう脱穀をしてみないとわからない。
稲はそれまでの間、天日干しにするのである。
(写真の奥に、八ヶ岳が見えている。)
a0006822_05624.jpg

しかしいずれにしても、僕たちの田んぼおよそ300坪から、僕たち3家族の1年分のお米と、田んぼを貸してくださっている地主さんへのお礼のお米がすべてまかなえるのである。今年で田んぼを始めてから3年。その間、一度もお米を買ったことはないから、本当に素晴らしいことである。いつまでこうしてお米を作り続けることができるかわからないが、できることなら、ずっと作り続けていたい。
もちろん畑も。
夏の間は、ほとんど野菜も買うことがなかった。お金を節約するという意味も当然あるだろうが、それより何より、採れたての素晴らしくおいしい野菜を食べることができる幸せを感じないわけにはいかない。
農薬の心配もしなくていいし、これからは畑ももっと充実させたい。

たわわに実ったお米を見ると、大地が僕たちに分け隔てなく与えてくれる豊穣を実感する。
そう、大地は分け隔てをしないのである。
すべての人に、生きる糧を与え、なお泰然とそこに広がっている。
ありがとう、大地よ。
a0006822_053988.jpg

アルバム情報も、どうぞご覧ください。
http://www.ame-ambient.com/silent.html
a0006822_054990.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2011-10-13 00:06 | etc
アルバムリリース『On Lotus』
イタリアのエレクトリックレーベル Cognito Perceptiより、EPがリリースされました(10月10日)。
アルバムのタイトルは、『On Lotus』。
蓮の花の上で、という感じの意味合いです。
曲を作りながら、僕はなんとなくずっと蓮の花をイメージしていました。
サウンドは、僕のこれまでの作風と同じく、ゆったりとしたアンビエントに仕上がっています。もしよろしければ、どうぞチェックしてくださいませ。
以下のリンクからです。
http://www.beatport.com/#release/on-lotus/440873
a0006822_22434887.jpg

八ヶ岳はそろそろ紅葉が始まりました。美しい赤が、空に映えています。
a0006822_22442437.jpg

アルバム情報も、どうぞご覧ください。
http://www.ame-ambient.com/silent.html
a0006822_22443392.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2011-10-10 22:45 | etc
チェコのヴァイオリン奏者、京都ミニコンサート
知人であるチェコのヴァイオリン奏者、トマシュ・マックのコンサートが京都の町屋で行なわれます。
急遽来日のスケジュールのなか、京都での公演が実現しました。彼は素晴らしいテクニックの持ち主です。ぜひ彼のヴァイオリンの魅力を堪能してください!
公演後には交流会もあり、音楽だけでなくチェコに興味のある方にとってもきっと興味深い場となるでしょう。
会場は京都の町屋です。
http://yuproject.com/yusian.html
少人数の会となりますので、ぜひお早めに!

コンサート情報は、以下をご覧ください。
http://web.me.com/mitakue/onsentamago/onsentamago.html

トマシュ・マックのサイトは、
http://www.tomasmach.eu/

ところで今年は、バジルの収穫が素晴らしく良いのに驚いている。我が家のバジルだけでなく、友人の菜園のバジルも素晴らしいから、おそらく今年の天候が生育に適していたのだろう。
先日、無農薬のバジルがかなりの高値でスーパーなどで売られていることを東京の友人に聞いたのだが、八ヶ岳だけでなく、田舎であればこうしてたくさんの恵を大地が僕たちにほとんど無償で与えてくれる。こういったことは、田舎に暮らすことの大きな利点なんだろうと改めて思うのである。

ここ数日、東京に滞在していたのだが、知人友人たちと話していて、やはりいちばんの話題は放射能のことだった。
そしてなんとなく楽観視に傾いている世間の風潮とは逆に、誰もがその汚染がいまだに終息の気配を見せていないことを心配し、異口同音に政府発表への疑義を口にしていた。特に、首都圏におよそランダムに存在しているかのようなホットスポットに対する危機感は大きかった。
誰もがガイガーカウンターを持っていれば、まだ少しは不安も軽減するかも知れないが、そういうわけにもいかない。政府や自治体が今後、すべてのポイントを計測してくれるはずもない。
自分で自分の場所の放射能線量を計測できない人のために、以下のサイトがあるので、もしよかったらご覧になってください。データの信頼性や客観性については、サイトをご覧になる方それぞれの主観にお任せするしかないと思うが、ともあれ、ひとつの参照にはなると思う。
http://hakatte.jp/

どの情報をどの程度信頼し、何を基準にどう行動すれば良いか、それは結局は個々人に委ねられている。それについて、他人が口をはさむ余地はない。ただ、その判断材料となりうる情報はやはり多くの方の手元に届くべきだと思う。
みなさんの不安が、少しでも軽減されますように。
そして、みなさんが健やかに生活できますように。
心から祈っています。
a0006822_12574187.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2011-09-03 12:58 | etc