Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
仔猫のこと
八ヶ岳の12月、いよいよ厳しい冬になろうとする頃、生まれてまだ3ヶ月ほどの仔猫が体じゅうを泥のようなもので汚し、寒そうに体を震わせていた。
僕の家の周囲には、何匹かののら猫君たちが暮らしていて、その仔猫はお母さん猫と一緒に、僕たちが家の外に用意しておいた箱の中で暮らしていたのだが、その仔猫が体を汚してどこかから帰ってきたため、お母さん猫は仔猫を威嚇し、近寄ろうとする仔猫を牙を剥くようになった。
a0006822_22284589.jpg

その姿がとても可哀想で、僕たちは楽器倉庫にベッドを作り、そこで仔猫が暖かく過ごせるようにして、招き入れた。
我が家には先住猫のミント君がいるため、簡単に家の中まで入れることはできないが、楽器倉庫だったら問題ないし、冬の屋外とは比べものにならないくらい暖かいから、仔猫はそれ以来、そこで夜を過ごすようになり、いつしか仔猫の家となった。
それから3ヶ月と少し、仔猫は成長し、やがて女の子であることがわかった。
僕たちは彼女を家に迎え入れ、我が家の2匹めの家猫になってもらおうと思って獣医のもとへ連れていった。いくつかの検査と注射、そして手術が彼女を待っていた。そして、それはさらにまだ続く。

それらの施術は、もちろん彼女のために為そうと思ったことだ。
だが、僕に確信が持てない。その小さな可愛い命は、外でそのまま生きていたほうが幸せだったろうか、と思う。
何本かの注射、触診、そして去勢手術。
そのたびに、彼女は僕たちの腕に抱きかかえられ、車に乗せられ、診察台に載せられる。僕たちは精一杯、彼女に声をかけつづける。彼女が不安にならないように。彼女が孤独にならないように。彼女が怯えないように。
そして、その小さな命は、それらの試練をすべて乗り越え、いま、僕の膝の上で静かに目を閉じ、眠りつづけている。
よく頑張ったね、と思う。
でも、僕にはやっぱり確信が持てないのだ。その小さな命は、果たしてこれで本当に幸福なのだろうか。僕は何かとても大きな間違いをして、彼女を苦しめているのではないだろうか。
あまりに小さ過ぎて、あまりに弱くて、僕たち人間にはとうてい逆らうことができないその小さな命を、僕はひどく傷つけてしまったのではないだろうか。

その仔猫のささやかな寝息。折れてしまいそうなほど小さな手。僕の手の中の生命。
もしまた同じ選択をする時が来ても、きっと僕は同じことをすると思う。しかし、やっぱり心の底ではわからないままである。
ごめんね、と思う。
何度も何度も、仔猫にごめんねを言いながら、僕はまた獣医のもとへ彼女を抱きかかえていくのだと思う。彼女の命の行方を変えてしまった悲しみのようなものも一緒に抱えて。
a0006822_2229194.jpg

[PR]
by rhyme_naaga | 2016-04-16 22:29 | Naaga`s Voice
<< 小さき精霊たちの消息〜諏訪篇 犬を愛する理由 >>