Top

最新のトラックバック
『イリュミナシオン/冥王星』
from KARAの蝶 ~Love B..
白と赤と青の旅〜シャスタ..
from KARAの蝶 ~Love B..
シャスタツアーまで残り53日
from Love Body,Mind..
奇跡の音〜 メルマガ8月..
from Love Body,Mind..
長屋和哉ライブツアーwi..
from site TINGARA
癒し系か…おんがく
from 気紛れな心の声
千の熊野
from 屋上者の島へ
『すべての美しい闇のため..
from Sprit & Soul
すべての美しい闇のために
from Body,Mind & Sp..
以前の記事
2017年 09月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
カテゴリ
HP Link
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夢の力 part2
そう、僕は夢の中で、あまりにも美しい歌を聴いたのだった。
半覚半眠のまま、僕はその歌に感動していたのだが、半分目覚めている意識のほうでは何かがおかしいと感じてもいた。その歌が、どうしても自分の頭の中から聴こえているような気がしていたのである。
夢の中で、僕は試しに耳を塞いでみることにした。人々は、僕の目の前で歌っている。耳を塞いでも、同じような音量で歌が聴こえていれば、その歌は僕の頭の中から聴こえていることになる。
そして実際に耳を塞いでみても、思った通り、歌の音量は変わらなかった。
やはり、これは僕の頭の中から聴こえて来ているのだ。
ならば、もし僕がこの美しいメロディーをさらに美しくしようと意志すれば、この歌は変化するに違いない。そう思い、僕はそのメロディーに新たな音階を加えようとした。
するとその途端。
本当に、その途端に、である。
歌が消えてゆこうとしたのである。
まるで危ういバランスが崩れてゆくように、あるいは砂の城が海にさらわれてゆくように、歌が遠くなっていったのである。
僕は自分の間違いに気がつき、「意志する」ことをやめた。すると、たちどころに歌が帰って来るのである。美しい歌が、かつてと同じ音量で鳴り始めたのだった。
そうして僕は危ういバランスを保ちながら、徐々に夢から覚めていったのである。

僕は思った。
音楽はそれぞれの地域の文化や貿易・交通あるいは戦争などによって変質しながら、ある定型のようなものが生まれて来る、と考えるのが普通だが、もしかしたら、地球上のすべての音楽はむしろ、ある母胎から生まれて来るのかも知れない、と。
そしてその母胎とは、心理学/精神分析学の用語を使わせてもらえば、無意識のことなのかも知れない。あるいは、もっといい言葉があるのかも知れない。
トランスパーソナルというわりと新しい心理学の分野があるが、もしかしたら、これに近いのかも知れない。トランスパーソナル、つまり個を凌駕、というよりはむしろ越境してゆく、ということ。個を越境して、ある母胎にすり寄ってゆくこと。ただ、これは普遍ではない。「普遍」と名付けた途端に、その母胎の持つ強度も速度も失われてしまうからだ。

ともあれ、そんな夢だった。

さて、今週末は大阪でライブである。
皆さん、ぜひいらしてくださいませ。ではでは!!
[PR]
by rhyme_naaga | 2004-10-14 19:21 | etc
<< 大丈夫ですか? 夢の力 >>